新着情報

新着情報

ハイエースの車中泊に最適なライトキャンピングカーFD-BOX2、後ろ向きシートリリース!

平成29年7月26日から規制されるハイエースの横向きシート(横乗り座席)。

 

flexdreamが企画する車中泊できる街乗り仕様車『ライトキャンピングカーFD-BOX』でも横向きシートを採用している為、規制対応モデルを順次リリース致します!

先日リリースした FD-BOX3の規制対応モデル に引き続き、今回はFD-BOX2のリリースをお知らせいたします!

 

※今横向きシート車両にお乗りの方の次回車検等は問題ありませんのでご安心ください!

横向きシート規制について詳細はこちら

 

 

 

 

横乗り規制対応:後ろ向きシートのFD-BOX2 完成です!

 

 

FD-BOX2の特徴

 

  1. ①純正2列目シート(2名定員)をREVOシート(3名定員)に変更
  2. ②純正3列目シート(2名定員)は取り外し
  3. ③純正4列目シート(跳ね上げ式)はそのまま採用

 

純正4列目シートをそのまま採用する事で、跳ね上げの使い勝手とお求めやすさを実現したFD-BOX2。
FD-BOXシリーズの中でも評判の良い人気モデルの一つです。

 

 

※ 1Point

上記の特徴の①②③をよく見ると・・・

  • ・純正2列目3列目シートを外す ⇒ 4名分のシートが無くなる
  • ・REVOシートを取り付ける ⇒ 3名分のシートが付く

あれ!?あと1名分はどこに???

 ・・・そこで登場するのが今回話題の横向きシート(横乗り座席)

 

今までFD-BOX2では、2列目の後ろに 横向きで1名分の座席を用意していましたが、
規制対応モデルでは、運転席の後ろに 後ろ向きで1名分の座席を用意いたしました。

 

 

 

オットマンとしても使えるキャビネットタイプの後ろ向きシート

キャビネットタイプ後ろ向きシート

2列目着席時にはオットマンとしても使えるキャビネットタイプ。
ちょっとした小物の収納も可能ですので、結果的により使いやすくなりました!

 

 

シートレイアウト方法

収納式マット(小)

マットを開けると収納式となっています。

 

 

操作方法

収納式の台座を出します。

 

 

操作方法_2

マットの下に収納してあるマットを載せます。

 

 

収納式マット(大)

大きいマットはこちらに収納

 

 

キャビネットタイプ後ろ向きシート 着席時

そして座る際はこちらの状態となります。
運転席の後ろに1名、後ろ向きで着席します。

 

もちろん走行中にお乗り頂いてもOK。
走行時にも対面シートが実現できます♪♪

 

 

シートベルト内臓

もちろんシートベルト内臓で車検対応!
横向きシート規制後も安心です♪♪

 

 

 

センター部分左右にはドリンクホルダー

ドリンクホルダー

今までのFD-BOX2では横向きシートが設置してあったこちらの場所にはドリンクホルダーをご用意。

※ドリンクホルダーは左右共に設置しています。
※横の黒いBOXはリアヒーターです(場所を移設してBOX収納済)

 

 

追加ベッドマット(右側)

ドリンクホルダー脇に追加ベッドマットが置けるようになっています。

※この状態でもドリンクホルダーをお使いいただけます!

 

 

追加ベッドマット(左右)

左右共に追加ベッドマットを敷いた状態がこちら。

 

 

 

REVOシートは今まで通り!

セカンドシート T-REVO立体成型

2列目セカンドシートのREVOシートは今までのFD-BOX2と同様です。
※画像はロングスライドレール付きのT-REVOシート(立体成型)3名分のシートベルト内臓です。

 

 

真横から

横からの画像がこちら。
キャビネットが付いて、より高級感もUPです。

 

 

セカンドシートのオットマン式

スライドしてくっつければオットマンのような使い勝手も実現!
ゆったりとリムジン仕様にくつろげます♪♪

 

 

ベッド空間

この状態だけでも車中泊できるほどのベッド空間が実現!
後ろは荷物満載!という際でも車中泊できちゃいます♪

 

 

 

ロングスライドレールでレイアウトも自由自在!

ロングスライドレールのセカンドシート

ロングスライドレール付きならシートのレイアウトも自由自在!

※FD-BOX2はシートモデルによりスライド対応となります。画像はレール装備車両。

 

 

セカンドシート収納時

こんなにコンパクトに収納可能です!

 

 

 

スライドレール×4列目跳ね上げシートによる荷室活用!

荷室

最大限荷室を活用するとこんなに広々!
ハイエースならではの積載量も実現します!!

 

 

荷室(5名乗車時)

5名乗車時でも荷室はこれだけ広く使えます。
さすがハイエースですね!!

普段の街乗り使用時では「このカタチ」にしておくことも可能です。

 

 

ベッド+荷室

4列目純正シートを跳ね上げれば、
・前面部分はベッドとして
・後ろ部分に荷物を置いて
といった使い方も自由自在!!

 

 

 

車中泊の際のフルフラットベッドも健在です!

フルフラットベッド展開

車中泊の際は広々フルフラットベッド空間が実現!
ハイエースならではの広々ベッドを体感ください♪♪

 

 

ベッドのフラット具合

ベッドのフラット具合はこちらです。

※もっとフラットがいい!という方にはT-REVOフラットタイプシートもあります。

 

 

 

対面シートでリビングルームのようなカースペースでくつろぎ空間を実現!

 

その①:後ろ向きになったシートでそのまま対面シート!

ハイエース リビングルームカースペース(その1)

今回のマイナーチェンジで走行中も対面シート♪
後部シートでリビングルームのようなカースペースのまま走行可能です♪♪

 

 

その②:まさにリビングルームのカースペース空間

ハイエース リビングルームカースペース

キャンプ場やパーキングエリアなどではハイエースの中でリビングルームのようなカースペースを実現。

ワイワイおしゃべりしながらお弁当を食べたり。。。

大活躍間違いなしの対面シート空間の使い勝手はもちろん今まで通り健在です!!

 

 

 

 

 

横向きシート規制後もご安心ください!

 

他のハイエース専業店さんなどでは横向き規制で購入を焦らせるお話も多いようですが...

flexdreamでは横向き規制対応モデルで対応致しますのでご安心ください!!

価格は今までのモデルより10万円アップとなります。

 

 

 

 

※この他の規制対応『後ろ向きシート』モデルはこちら

 

 

 

 

 

ハイエースの新車・中古車情報と徹底解説はこちら!

 

まだまだ色々もっと見たい!知りたい!という方はこちらへどうぞ!!

ライトキャンピングカーFD-BOXシリーズ内装カスタム済みの新車在庫も多数ございます!!

その他、外装・内装カスタム済みの新車・中古車画像や相場価格についてはもちろん、ハイエースの歴史や3ナンバー・1ナンバー・4ナンバーの意味や維持費の違い、ガソリン車とディーゼル車の燃費と経済性について、ボディーサイズやちょっとした豆知識などなど専門店らしい解説盛りだくさん!!

見ても読んでもタップリ楽しんでいただけるページとなっておりますので是非見てみてくださいね!!

 

 

  2017年03月19日






専門車種一覧

カスタム情報ブログ
店舗 ブログ

カスタムカーギャラリー

買取・下取り直販中古車コーナー
中古車買取アップル 高価査定のポイント
フレックス・ドリーム ソーシャルメディアアカウント一覧