新着情報

新着情報

車検基準改正:はみ出しタイヤ「ハミタイ」&横出しマフラー規制一部緩和!

ランクルなどのクルマをカスタムした際に重要なポイント『車検に通る?通らない?』という点がありますが、
平成29年6月22日より、はみ出しタイヤ(通称:ハミタイ)と横出しマフラーについての車検の基準が一部改正されます。

 

下記の2点について紹介いたします。

  1. 1. タイヤが多少はみ出しても(通称:ハミタイ)車検が通るように一部改正
  2. 2. マフラーの横出しでも車検が通るように緩和

誤解しやすい規定なので、注意書きもしっかり読んでくださいね!

 

 

 

 

①タイヤが多少はみ出しても(通称:ハミタイ)車検が通るように一部改正

ランクル200カスタムデモカー タイヤはみ出し具合(KMCロックスター3)

『このタイヤはツライチ!?ハミタイ!?』

カスタムが好きな方ならボディーとタイヤのツラ具合を気にする方も多いのではないでしょうか。

そんな方にも今までの当たり前を大きく揺るがす大きな規制改正がありました。

 

 

 

一部車種で 10mm未満はタイヤのはみだし「ハミタイ」がOK!!

 

最外側がタイヤとなる部分については、外側方向への突出量が10mm未満の場合には「外側方向に突出していないもの」とみなす。

※独立行政法人 自動車技術総合機構からのお知らせ 平成29年6月22日より抜粋

 

 

要するに・・・

  • ・10mm(1cm)未満ならタイヤ部分は、はみ出しても「ハミタイ」OK
  • ・引っ張りタイヤなど、アルミホイールなどがはみ出す場合はNG

と改正されました。

 

※『はみ出す:通称 ハミタイ』とは、車軸から前方30度、後方50度にあたる車体(フェンダーなど)よりタイヤが外に突出することを指します。

 

 

 

 

規制改正に対象となる車種とは

 

ただし、全ての車両が10mmまではみ出しても車検に通る、という訳ではありません!!

お乗りのお車がはみ出しタイヤ「ハミタイ」規制の改正に該当するかどうかを確認する必要があります。

 

 

対象車種は、

 

専ら乗用の用に供する自動車(乗車定員10人以上の自動車、二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車並びに日牽引自動車を除く。)

※独立行政法人 自動車技術総合機構からのお知らせ 平成29年6月22日より抜粋

 

 

 

要するに、flexdream専門車種で考えると

 

ランクルモデルの場合
  • ・3ナンバーは10mm未満タイヤのはみ出し「ハミタイ」OK
  • ・1ナンバー・4ナンバーはNG

 

 

ハイエースモデルの場合
  • ・3ナンバーでも10人乗りワゴンはNG
  • ・1ナンバー・4ナンバー(貨物)はNG
  • ・2ナンバー(乗合)もNG

 

 

USトヨタモデル(一部抜粋)
  • ・タンドラ1ナンバーはNG
  • ・シエナは7人/8人乗り3ナンバーなので10mm未満はタイヤのはみ出し「ハミタイ」OK
  • ・FJクルーザーは5人乗り3ナンバーの場合10mm未満はタイヤのはみ出し「ハミタイ」OK
     (ただし、1ナンバーに構造変更している場合はNG)

 

 

となります。

 

 

 

 

 

②マフラーの横出しでも車検が通るように緩和

USトヨタ タンドラ 横出しマフラー

排気管の開口方向要件が廃止されました。

今までタンドラなどの純正マフラーは「横出し」だった為、そのままでは車検に通りませんでしたが、
今回の規制緩和で横出しマフラーでそのまま車検が通るように変更されました。

また、右側、左側、どちらへの横出しマフラーもOKです。

 

 

規制緩和は全ての車種が対象

 

横出しマフラーがOKとなる車種については特に基準はありません。

(全ての車種について緩和されます)

 

 

 

 

 

※規制緩和改正の開始は平成29年6月22日より

はみ出しタイヤ「ハミタイ」・横出しマフラーの規制改正は共に、平成29年6月22日より適応されます。

※自動車の製造年月は関係なく全ての年式にで同様に適応されます。

 

 

 

このように検査の基準は度々改正、変更されます。

今回は特にカスタムをする上ではとても重要な変更ですね!!

ご不明な点などありましたらお近くの店舗までお気軽にお問い合わせください!

 

 

 

 

<<参考>>

 

差画像に登場したクルマについてはデモカーページへどうぞ

 

 

 

  2017年06月22日






専門車種一覧

カスタムカーギャラリー

買取・下取り直販中古車コーナー
中古車買取アップル 高価査定のポイント
フレックス・ドリーム ソーシャルメディアアカウント一覧