新着情報

新着情報

ランクル中古車価格相場が下がりにくい理由と『維持費のお得』

ランクルの価格は中古車市場の中では“下がりにくい車種”という事は何となく知っている方も多いのではないでしょうか?
そんなランクル・・・
  •  Ⅰ.【中古車価格相場が下がりにくい理由】
  •  Ⅱ.【価格が下がらないことによる維持費のお得】
  •  Ⅲ.【5年落ちの他車と10年落ちのランクルの価格が同じ場合】
について考えたいと思います。
 
 

Ⅰ.【ランクルの中古車価格相場が下がりにくい理由】

 
①ランクルはとっても丈夫!!
 
ランクルのシェアは日本よりも海外が多くを占めます。
中でも、まだまだ舗装路が少ない国や地域にも大変輸出が多いお車です。
 
そんな場所でこそ強さを十分に発揮するランクル。
「車が故障したら命を落とすかもしれない・・・」
そんな場所で乗られてきている車だからこその丈夫さを誇ります。
 
日本でも実際に道路公団などで使用していた車両では、40万キロを超える車もあるほどです。
 
 
そんな丈夫なクルマである、という事を世界中の人々が知っている。
 
世界中でランクルは丈夫なクルマである、という事が広く知られています。
だからこそ、ランクルの中古車価格相場が下がりにくいのです。
 
走行距離が進んだランクル、年数が経ったランクルでも、世界中で人気がある。
逆に言えば、この事こそランクルの強さの証明、と言っても良いのではないでしょうか??
 
 
②ランクルは日本はもちろん、海外でも絶大な人気を誇ります
 
価格が下がりにくい要因の大きな点に挙げられるもう一つがこちら。
日本の中古車のランクルは世界中で人気が高い、という事があります。
 
この事はランクルはもちろん、ハイエースなども同様です。
その理由としては・・・
 
日本の中古車はほぼ舗装されたアスファルトでしか走っていない
例えば同じ10万キロでも海外の発展途上国での10万キロと、日本の10万キロでは車の痛みが違います。
舗装されたアスファルトは車にとても優しく、痛みが少ないのです。
 
日本人は車をとても大切にする人が多い
国によっては「バンパーはブツケルもの」という認識で、縦列駐車の際は普通に他の車に当てて止める..
という国もあるようです。
日本では考えにくいですが、車を財産価値として考える日本では、
車を綺麗に、大切にする人が多いのです。
 
ランクルの“本国”は日本
そうです。ランクルの本国、生みの親は日本のトヨタです。
どんなモデルでもやっぱり【本国仕様】は人気があるのもです。
 
新車のランクルは簡単に輸出できない
実はこちらも大きな要因で、新車を並行輸出する事をメーカーが厳重に取り締まりをしています。
ディーラーに行って、「輸出したいから売って欲しい」と伝えても売ってくれないのです。
実は北米トヨタから日本に新車を並行輸入しているflexdreamも、北米トヨタディーラーで購入の際は...
地道な人付き合いとルートで新車を仕入れています。
 
新車のランクルが輸出できない、という事もある為、
「中古車のランクル」を新車の代わりに輸出する。
ちょっと言い過ぎな部分もありますが、こちらもランクルの中古車価格が下がりにくい要因の一つかと思われます。
 
 
という事もあり、世界中から『日本のランクルの中古車を買ってきてほしい』そんなオーダーがあるのです。
だから、ランクルの中古車価格の相場は下がりにくいのです。
 
 
 

Ⅱ.【価格が下がりにくい=売る時に高い=維持費がかからない】

 
 
 
まずは...どの位価格が下がりにくい?
 
さすがに販売時のお店の利益もありますし、年月が経てば下がるものですので、
買った時の車両価格そのままで売れる、という事はまずないと思いますが・・・
 
一例としてとある外車の新車を買って、売った時とランクルの場合で考えてみます。
新車から10年、10万キロ乗った場合、現在の中古車価格の相場を考えてみると多少見えてくるのでは!??
 
 
◎新車当時 約550万円のランクルシグナス。
平成15年式の9万キロ 店頭プライス:289万円
 
◎新車当時 約650万円のとある有名車種「A」。
平成16年式の9万キロ 店頭プライス:128万円
 
※同時期の大手中古車検索サイト上より抜粋しています※
 
これが『ランクルは中古車価格が下がりにくい』と言われる実情です。
 
 
 
【買った時の価格+維持している時にかかるお金】-【売る時の価格】
  =【その車を所持する為にかかった費用】
 
確かにランクルを維持している間にかかる費用は安い車とは言えないのが正直ですが・・・
 
 
『維持費』と言うと、『車を所持している間にかかる費用』と考えるのが一般的かもしれませんが、
『車を買ってから、売った時までにかかった費用』を考えるのも一つの『維持費』ではないでしょうか??
むしろ、よ~く考えてみるとそれが本当の維持費ではないでしょうか???
 
乗っている時の維持費が少々高くても、売った時の価格まで考えればペイできる事も多い
ランクルは長く乗れば乗っただけ、価格が下がらない恩恵を受けられるお車です!
 
燃費・維持費が高いから・・・とちょっと維持費の安いお車を我慢して乗る位なら、
是非乗りたいランクルに乗りましょう♪♪
 
 
 

Ⅲ.【5年落ちの他車と10年落ちのランクルの価格が同じ場合】

 
例えば新車の価格がランクルより高い「A」という車種があったとして・・・
新車から5年落ちの「A」と、新車から10年落ちのランクルが同じ位の価格!
というのは実は良くある話で、
『じゃあ5年落ちの「A」買った方がいいじゃん!』
と思う方も多いと思いますが、実際どうでしょうか???
 
実はまさに上で紹介した「どの位価格が下がりにくい?」の例で出した時の延長パターンです。
ちょっと想像しにくいと思うので、グラフにしてみました♪♪
※こちらのグラフは新車当時の価格と現在(10年後)の価格を結んだだけのグラフです※
 (例えば5年前の金額等を元に書いている訳ではありません。)
 
 
 
ランクルシグナス・とある有名車種「A」新車から10年後の価格推移
上で紹介した「どの位価格が下がりにくい?」の例で出した価格をグラフにしたものです。
 
新車当時550万円だったランクルが10年後289万円。
新車当時650万円だった有名車種「A」が10年後128万円。
 
ランクル価格の下がり具合グラフ 新車から10年後のランクルと「Aを比較」
【ランクル価格の下がり具合グラフ 新車から10年後のランクルと「Aを比較」】
 
 
 
 
10年落ちのランクルと5年落ちの「A」の価格が同じ。その後5年の推移
こちらは上のグラフをそのまま見方を変えたバージョンです。
 
10年落ちのランクルと、5年落ちの有名車種「A」の価格が同じ。
その後5年間維持した場合の価格推移(予想)です。
ランクル価格の下がり具合グラフ 10年経過のランクルと5年経過の「A」を比較
【ランクル価格の下がり具合グラフ 10年経過のランクルと5年経過の「A」。その後の5年を比較】
 
 
 
目先のお得感を取るか、5年所有した後の価格の下がり具合を取るか・・・
どっちが絶対お得!という表現はできませんが、皆さんはどうお思いになるでしょうか??
 
『ランクルの価格が下がりにくい事による維持費のお得』少しお分かりいただけましたでしょうか??
ランクルは長く乗れば乗っただけ、価格が下がりくいことによる恩恵を受けられるお車です♪♪
 
維持している間にかかる費用がちょっと安い車を我慢して乗る位なら・・・
是非世界のランドクルーザーに乗りましょう♪♪♪
 
 
 
 

実際に販売中のランクル中古車価格情報はこちら!

そんなランドクルーザー、実際に販売中の中古車価格情報はこちらにタップリ掲載中です♪♪
 
さらに、ランクル各モデルについて、マイナーチェンジで変わった点やグレードごとの違い、カスタムした場合のサイズ、燃費、カラーバリエーションやスペック情報などなど、ランクル専門店flexdreamらしい徹底解説もタップリ!!
 
ランクルカスタムデモカー大集合ページやカスタムカーギャラリー、愛車投稿コーナーなどなど、画像もタップリ!!
 
見て・読んで、タップリ楽しんでいただけるページですので是非どうぞ♪♪
 
 
 
 
 
 
  2014年07月07日






専門車種一覧

新車特選車 FD-OUTLET MALL(アウトレットモール)
ランクル買取特設ページ
ハイエース買取特設ページ
ランクル 丸目・角目クラシックカスタム FD-classic
ハイエース 丸目クラシックカスタム FD-classic
アウトドア・オートキャンプ FD-camp
最強塗装:LINE-Xで車をカスタム!
ARB 4x4 Accessories 日本正規輸入元
Rhino-Rack(ライノラック)日本正規輸入元
カスタム情報ブログ
店舗 ブログ

カスタムカーギャラリー

買取・下取り直販中古車コーナー
中古車買取アップル 高価査定のポイント
フレックス・ドリーム ソーシャルメディアアカウント一覧
フレックスドリーム – flexdream – YouTubeチャンネル