新着情報

新着情報

ハイエース200系一部改良後モデル新車入庫!画像で解説♪

ハイエース200系ワゴンGL 一部改良後(VSC・TRC・HAC・緊急ブレーキシグナル装着モデル)

ハイエース200系ワゴンGL 一部改良後
(VSC・TRC・HAC・緊急ブレーキシグナル装着モデル)

 

 

 

ハイエース200系ワゴンGL一部改良後モデル新車入庫!

 

2016年6月1日に発表されたハイエース200系の一部改良

改良後のワゴンGLが早速入庫したので画像と共に変更点を解説します!!

 

 

 

①VSC・TRC(横滑り防止)の追加

今回の一部改良で一番大きい点と言えばこちら。

ワゴン・コミューターのみですが、VSC・TRC(横滑り防止)が追加されました。

※法改正に伴う改良です。

 

 

VSC・TRC表示灯(メーター内)

VSC・TRC表示灯(メーター内)

メーター内にVSC・TRC表示灯が点灯するのがVSC・TRC(横滑り防止)装着の印です。

エンジンをかけた直後だけ数秒点灯します。

(横滑りを感知した際には右側の黄色いランプのみ点灯します)

 

 

TRC OFFスイッチ

TRC OFFスイッチ

点検/整備などの際に使用するTRCをOFFにするスイッチも追加されています。

※普段の走行時には使用しません。

 

 

TRC OFF時のメーターインジケーター

TRC OFF時のインジケーター

TRCをOFFにするとメーター内のインジケーターに表示されます。

 

 

リアのホーシングも変更されます

VSC・TRC付きリアホーシング

一部改良後のリアホーシングはこちら

ブレーキホースが1本増えていますね!

横滑り防止装置は左右のタイヤをそれぞれブレーキをかける必要があります。

(滑ったときに「右後ろだけブレーキをかける」など制御します)

この為、右用のブレーキホース・左用のブレーキホースと言う形で1本増えたようです。

 

 

変更前と比較

VSC・TRC無しリアホーシング

VSC・TRC無し(一部改良前)のリアホーシング

ココを見れば一目瞭然ですね♪♪

 

 

 

②HAC(ヒルスタートアシストコントロール)の追加

こちらもワゴン・コミューターのみの変更点となります。

上り坂での発進の際にブレーキの油圧を保ち、後ろに下がるのを緩和してくれます。

 

 

 

③緊急ブレーキシグナルの追加

急ブレーキをかけた際に、自動的にハザードランプが点滅します。

こちらもワゴン・コミューターのみの変更点です。

 

 

 

④シガーライターの廃止(ソケットは残ります)

こちらは全モデル共通の変更点です。

改良に伴う価格上昇を少しでも下げようとした結果!?でしょうか??

最近では灰皿も無いモデルも増えましたからね!

※ソケットは残りますので別途ライターを付けることも可能です。

 

 

一部改良後(キャップが装備されます)

シガーライターソケットカバー(ライター無し)

一部改良後はシガーライターソケットカバーが装備されます(ライター無し)

 

 

シガーライターカバーOPEN時

シガーライターカバーを開ければ今まで通りソケットがあります。

 

 

一部改良前と比較(ライター有)

シガーライター有り

こちらは一部改良前の画像です。

 

 

 

⑤助手席キーシリンダーの廃止

盗難防止の観点からも考えて助手席のキーシリンダーが廃止されました。

車上荒らしなどは助手席の鍵穴をこじって開錠するケースが多い事も考えての対策です。

最近ではキーレス/スマートキーが一般的ですので必要ない、という方も多いですからね!

こちらは全モデル共通の変更点です。

 

 

一部改良後の助手席ドアノブ

助手席キーシリンダー無し

助手席キーシリンダーが無くなりスッキリとした印象になりました。

 

 

一部改良前と比較

助手席キーシリンダー有り

一部改良前はこのようにキーシリンダーがありました。

 

 

 

 

一部改良は法改正に伴い『横滑り防止が必須』となったから

今回の一部改良での目玉と言えばワゴン・コミューターモデルのみ横滑り防止装置の装備です。

バンモデルには横滑り防止は今まで通り装備されません。

この辺りをハイエース専門店的な観点からもう少し掘り下げてみたいと思います。

 

 

今までは10人乗り乗用車は横滑りが不要だった

アルファードやヴェルファイアのような『8人乗り』の乗用車は元々横滑り防止が必要でしたが、
ハイエースワゴンのような『10人乗り』の乗用車は横滑り防止装置が不要でした。

 

今回、全ての乗用車において横滑り防止装置が必要になるという事で、
ワゴン・コミューターのみ横滑り防止装置が装着されることになりました。

※法改正は新車に関する規制です。既に登録済みのモデルに関しては一切関係ありません。

 

 

バンモデルには横滑り防止装置は装備されません

今回の法改正ではS-GLなどのバンモデルは関係が無いため、
バンモデルには横滑り防止装置は装備されません。

※S-GLの変更点は助手席のキーシリンダー廃止、シガーライターの廃止のみです。

DXの変更点やその他 変更点についての解説はこちら

 

 

S-GLベースの10人乗り 乗用登録は出来なくなります

ハイエースワゴンGLだと大きいからS-GL標準ボディーをベースに10人乗り5ナンバー登録。

という架装の方法もありましたが・・・

今回の横滑り防止装置が必須になるという事で、10人乗り5ナンバー登録をする架装は出来なくなります。

 

 

維持費の安い4ナンバー8人乗りFD-BOX5は今後も可能です!

今回の横滑り防止装置の必須は『乗用登録に関して』の規制です。

この為、維持費の安い4ナンバー8人乗りFD-BOX5は今まで通り架装可能です!!!

ワゴンGLではちょっと大きいから標準ボディーがいい!という方はFD-BOX5が最適です♪♪

 

FD-BOX5 についての詳細はこちら!

 

ハイエースの4ナンバーと3ナンバーでの維持費の比較についてはこちら!

 

 

 

 

ハイエースの新車・中古車情報・画像集・解説はこちら!

 

もっと色々見たい!知りたい!という方はこちらへどうぞ!!

現在flexdreamに在庫しているカスタム済みの新車・中古車情報はもちろん、ハイエースの歴史や歴代カタログダウンロード一覧ページ、ガソリンとディーゼルの燃費と経済性について、ボディーサイズと登録ナンバーの違いなどなど専門店らしい徹底解説をしています!!

見ても読んでもタップリ楽しんでいただけるページとなっておりますので是非見てみてくださいね!!

 

車中泊できる街乗り仕様車【ハイエースのライトキャンピングカーFD-BOX】についてはこちらです!

 

 

<参考:関連記事>

次期ハイエース300系 セミボンネットへフルモデルチェンジについてはこちら!

 

 

  2016年06月18日






専門車種一覧

カスタム情報ブログ
店舗 ブログ

カスタムカーギャラリー

買取・下取り直販中古車コーナー
中古車買取アップル 高価査定のポイント
フレックス・ドリーム ソーシャルメディアアカウント一覧