新着情報

新着情報

2017年12月10日

新型ハイエース 自動ブレーキ装備のクリーンディーゼル入庫!実車画像多数!

一部改良が発表となった新型ハイエース。安全装備の充実(自動ブレーキ付きTSS-Pが追加)され、ディーゼルモデルにおいてはAdobe®(アドブルー®)を使ったクリーンディーゼルに変更、さらにオートマミッションも4速ATから6速ATへ変更されるなど、大幅に改良されました。

一部改良の変更内容など詳しくはこちら

 

自動ブレーキが装備されたクリーンディーゼルモデル『ディーゼル四駆』、早速お店に入庫しましたので画像タップリご紹介します♪

 

 

 

トヨタセーフティーセンスP「TSS-P」付きモデル、画像を紹介!

新型ハイエース200系 自動ブレーキTSS-P装備 S-GL クリーンディーゼル

新型ハイエース200系 自動ブレーキ『TSS-P』装備のS-GL クリーンディーゼル

見ての通り、外観でわかる変更はほぼありません。

 

 

 

 

自動ブレーキシステムなどの安全装備用にミリ波レーダー&単眼カメラが装備

 

今回の一部改良ではトヨタセーフティーセンスP(TSS-P)が装備されました。

この為に、ミリ波レーダーと単眼カメラの2つが装備されました。

※ミリ波レーダーは探知距離が長いことが特徴で、高速域での検知に対応します。対する単眼カメラは物体の形や大きさを捉えられることが特徴で、道路の白線や対向車のライト、歩行者も認識できます。

 

 

 

グリルにはミリ波レーダー

新型ハイエース200系 自動ブレーキTSS-P用:グリル埋め込みミリ波レーダー

TSS-P用:グリル埋め込みミリ波レーダー

レーダーが透過する素材で作られており、裏側にミリ波レーダーが仕込まれています。

これが自動ブレーキなどの安全装備に活躍します。

 

 

グリル埋め込みミリ波レーダー(拡大)

さらに拡大した画像がこちら

 

 

 

フロントガラス上部には単眼カメラ

新型ハイエース200系 自動ブレーキTSS-P用:フロントガラス上部 単眼カメラ(外観)

TSS-P用、単眼カメラ。

これにより歩行者や道路の白線などを検知しています。

 

 

新型ハイエース200系 自動ブレーキTSS-P用:フロントガラス上部 単眼カメラ(室内)

室内から見るとルームミラー裏側に装備されています。

 

 

 

 

 

内装は安全装備用のスイッチが追加されました

新型ハイエース200系 自動ブレーキシステム用スイッチ

自動ブレーキシステム用スイッチはエアコン操作パネル横に装備

 

 

新型ハイエース200系 レーンディパーチャーアラート用スイッチ(ステアリング)

レーンディパーチャーアラート用スイッチはステアリング(ハンドル)に装備

 

 

新型ハイエース200系 オートマチックハイビーム用スイッチ

オートマチックハイビーム用スイッチはプッシュスタートボタンの下部に装備

 

 

 

 

オートマレバーもシーケンシャル機能が装備(6速AT)

新型ハイエース200系 クリーンディーゼル シーケンシャル付き6速ATオートマ

今回の一部改良でディーゼルモデルもガソリンモデルと同じくシーケンシャル機能付きの6速ATオートマミッションに変更されました。

 

 

 

 

 

クリーンディーゼルエンジン【1GD-FTV】

新型ハイエース200系 クリーンディーゼルエンジン:1GD-FTV

新型ハイエース200系 クリーンディーゼルエンジン:1GD-FTV

ランクルプラドのクリーンディーゼルと同じエンジンです。

 

 

 

 

 

 

Adobe®(アドブルー)とは?補充方法と時期を紹介

 

今回の新型ハイエース ディーゼルエンジンには尿素CRSシステムという装備を備えており、定期的にAdobe®(アドブルー®)を補充する必要があります。
補充方法と頻度(時期)について紹介します。

更に詳しいAdobe®(アドブルー®)についての解説はこちら

 

タンク容量は7.4L、1000kmでおよそ1L消費します。

満タンで走れる距離はおよそ7,400kmとなります。

 

 

残り走行可能距離が2000kmでメーター内に警告表示されます。

Adobe®(アドブルー®)の残りがおよそ2Lの際にメーター内に警告表示されます。

 

 

Adobe®(アドブルー®)が無くなるとエンジンの再始動ができません。

燃料切れのようにエンジンがそのまま止まることはありませんが、エンジンを切ると再始動が出来なくなります。

 

 

車用品店やガソリンスタンドなどでも購入可能

Adobe®(アドブルー®)は5L単位での販売が多いので、警告表示されたら5L補充、と言う流れが良いのではないでしょうか。

※Adobe®(アドブルー®)は開封後の保存は出来ない為、余った分は破棄となります。

※金属容器に移して保管は厳禁です。

 

 

補充はボンネット内部より補充可能

ボディ付着すると塗装の劣化の原因となったり、目に入ったりすると危険なので、専門のスタッフに依頼されることをお勧めします。

緊急の場合は下記のように補充可能です。

新型ハイエース200系 クリーンディーゼル Adobe®(アドブルー®)補充口キャップ

ボンネットを開けると『Adobe®』と書かれた青いキャップ、これが補充口です。

つまみを回してキャップを開け、Adobe®(アドブルー®)を補充します。

 

補充したら『カチッ』となるまでしっかり閉めればOKです。

※余ったAdobe®(アドブルー®)は保存できません。

Adobe®(アドブルー®)についての注意点・詳細はこちらをご覧ください。

※AdBlue®(アドブルー®)はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。

 

 

 

 

続々と一部改良後の新型ハイエース、入庫いたします!

 

新型ハイエースの納期目途も続々とわかってきています♪

いち早く、新型ハイエースが欲しい!という方は是非お早めにハイエース専門各店舗までお問い合わせくださいね!!

⇒flexdream店舗一覧はこちら!

 

 

 

 

 

 

関連ページ

 

 

ハイエース   2017年12月10日






専門車種一覧

カスタム情報ブログ
店舗 ブログ

カスタムカーギャラリー

買取・下取り直販中古車コーナー
中古車買取アップル 高価査定のポイント
フレックス・ドリーム ソーシャルメディアアカウント一覧