新着情報

新着情報

2020年08月

【実車画像有り】新型ハイラックス マイナーチェンジを発表!徹底解説!

新型ハイラックスピックアップ マイナーチェンジ オキサイドブロンズメタリック 6X1(新色)

トヨタのピックアップトラック『ハイラックス』がマイナーチェンジされました。(2020年8月19日)
今回は外観やエンジン、足回りにおいても変更されるビッグなマイナーチェンジです。
詳細をご紹介致します。

※画像は global.toyota より引用

 

 

 

 

マイナーチェンジされた新型ハイラックス詳細

 

新型ハイラックスピックアップ マイナーチェンジ ダークブルーマイカ 8X8(新色)

新型ハイラックスピックアップ マイナーチェンジ ダークブルーマイカ 8X8(新色)

※画像は global.toyota より引用

 

 

 

 

主な変更点

 

外装の一新

 

フロント回りを中心に外装が一新されました。
ヘッドライトやグリル、フロントバンパーが特に印象的ですが、テールランプもファイバーLEDが採用(Zグレード)されました。
今まで以上にアウトドアユーザーなど、幅広く人気が出そうですね!

※詳細画像は下部をご覧ください。

 

 

 

カラーバリエーションの変更

 

今回のマイナーチェンジにおいて「オキサイドブロンズメタリック(6X1)」と「ダークブルーマイカ(8X8)」が追加され、「クリムゾンスパークレッドメタリック(3T6)」と「ネビュラブルーメタリック(8X2)」が廃止されました。

※ワインレッドが無くなってブラウンが追加、ブルーのカラーが変更されたというイメージです。

 

  • 新型ハイラックスZ オキサイドブロンズメタリック 6X1 新色
    オキサイドブロンズメタリック (6X1) 新色
     
  • 新型ハイラックスZ ダークブルーマイカ 8X8 新色
    ダークブルーマイカ (8X8) 新色
     
  • 新型ハイラックスZ アティチュードブラックマイカ 218
    アティチュードブラックマイカ (218)
     
  • 新型ハイラックスZ スーパーホワイトⅡ 040
    スーパーホワイトⅡ (040)
     
  • 新型ハイラックスZ シルバーメタリック 1D6
    シルバーメタリック (1D6)

 

※画像は global.toyota より引用

 

 

 

Xにもオプティトロンメーターを採用

 

今までアナログメーターだったXグレードにも高級感のあるオプティトロンメーターが採用されました。
運転する満足度は上がりそうですね!

 

 

 

燃費の向上!

 

ディーゼルエンジンの改良と、アイドリングストップ機能の追加により燃費が向上しました。

WLTCモード走行燃費11.7km/L
(JC08モードでは11.8km/L→13.6km/L、15%以上の燃費向上を実現しています)

 

 

 

安全性能と運転性能の向上

 

クリアランスソナーとバックソナーがZグレードに標準装備されます。また、サスペンションの改良とVFC機能(パワーステアリングのオイル流量を制御)の追加により、操縦安定性と乗り心地も向上されています。さらに、ZグレードにはオートLSDが追加され、コーナリング時や悪路で左右駆動輪にトルクを適切に配分することで、トラクション性を向上させ、高い車両コントロール性能を実現しています。

 

 

 

 

 

画像でわかるポイントを実車画像を交えて変更点をご紹介

 

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 Z ブラック

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 Z ブラック

 

LINE-X事業部に早くも入庫した千葉トヨタさんの試乗車の新型ハイラックス。
マイナーチェンジ直後に、早速施工させて頂く事になりました!

⇒LINE-X(ラインエックス)についてはこちら

 

 

 

ZとXグレードを並べて比較

 

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 ZとXグレード比較

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 ZとXグレード比較(左:Z、右:X)

 

 

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 ZとXグレード比較画像 ヘッドライト・フォグ・グリル周辺

新型ハイラックス マイナーチェンジ後においても外観はヘッドライト・フォグ・グリル周辺の違いが大きいZとX。

ヘッドライトとグリルは一目で違いが分かると思いますが、フォグのベゼルもZではカラードとなっています。

 

 

 

新型ハイラックス Z

新型ハイラックス X

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 Z フロントまわり

Z フロント

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 X フロントまわり

X フロント

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 Z LEDヘッドライト

LEDヘッドライト、ヘッドライトウォッシャー

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 X ハロゲンヘッドライト

ハロゲンヘッドライト

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 Z レーダー付きメッキグリル

レーダー付きメッキグリル

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 X レーダー無しブラックグリル

レーダー無しブラックグリル

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 Z メッキドアミラー・ドアノブ・モール

メッキドアミラー・ドアノブ・ステンレスモール・ブラックセンターピラー

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 X ブラックドアミラー・ドアノブ・モール・同色ピラー

ブラックドアミラー・ドアノブ・モール・同色センターピラー

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 Z リアビュー

Z リア

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 X リアビュー

X リア

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 Z センサー付きメッキリアバンパー

センサー付きメッキリアバンパー

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 X カラードリアバンパー

カラードリアバンパー

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 Z LEDテールランプレンズ

LEDテールランプレンズ

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 X テールランプレンズ

テールランプレンズ  

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 Z 17インチアルミホイール

17インチアルミホイール
(265/65R17、7.5J)

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 X 16インチスチールホイール

17インチスチールホイール
(265/65R17、7.5J)

 

 

 

 

 

ハイラックスの荷台には、
塗装式のベッドライナーLINE-X(ラインエックス)がお勧め!

 

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 LINE-X(ラインエックス)塗装式ベッドライナー

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 LINE-X(ラインエックス)塗装式ベッドライナー施工済み車

 

 

新型ハイラックス マイナーチェンジ後 LINE-X(ラインエックス)塗装式ベッドライナー施工

マイナーチェンジ直後に早速 千葉トヨタさんの試乗車の荷台に施工させて頂きました。

 

 

米軍、米政府が防護用として唯一認め、最強塗装と呼ばれるLINE-X(ラインエックス)。そしてLINE-Xはピックアップ大国であるアメリカの自動車メーカー各社にスプレーオンベッドライナーとしてメーカーオプションに採用されています。

 

仕事用の工具やアウトドアギア、自転車やバイクを積んだりしても心配無用です!!
ハイラックスの荷台を思いっきり使い倒すには、絶対的な人気を誇るLINE-X。おススメです!

⇒ LINE-Xについて詳しくはこちら!

 

 

 

 

アウトドアで使い倒すなら、ARBキャノピーがおススメ!

 

ARBキャノピー ブラック

ARBキャノピー ホワイト

ハイラックス ブラックラリーエディション ARBキャノピー(キャンパーシェル)カスタム ブラック

ハイラックス ブラックラリーエディション ARBキャノピー(キャンパーシェル)カスタム ホワイト

ハイラックス ブラックラリーエディション ARBキャノピー(キャンパーシェル)カスタム ブラック(詳細)

ハイラックス ブラックラリーエディション ARBキャノピー(キャンパーシェル)カスタム ホワイト(詳細)

※画像は旧モデル:ハイラックス ブラックラリーエディションにARBキャノピーを装着した車両です。

 

 

汚れものでも気軽に荷台に積めるのがピックアップの利点の一つですが、雨に濡れてしまうのが難点。
トノカバーをつければ雨からは守れますが、ピックアップとしての積載量は限られてしまいます。
そこでお勧めなアイテムがARBのキャノピー(ピックアップトラックキャンパーシェル)。

 

雨風から荷台を守りながら積載量も文句なく、さらにキャノピー上部にキャリアを装着する事も可能。
おまけにカラーオーダーや集中ロック、ガラスの開閉方式の選択など、様々なご要望にも対応可能です!

 

オーストラリア生まれの世界的オフロードパーツブランドARB 4x4 Accessoriesですので品質も安心ですヨ!

⇒ ARB 4x4 Accessories についてはこちら!

 

 

 

 

 

既に先行オーダー済み!
新車カスタムコンプリート販売もお任せ下さい!

ハイラックス ピックアップトラック カスタムコンプリート:ARB 4x4・LINE-X コラボ

ハイラックス ピックアップトラック(旧モデル) カスタムデモカー:ARB 4x4・LINE-X コラボ

 

 

flexdreamでは発表前に先行オーダー済みですので8月下旬から9月上旬ごろには店頭に並ぶ予定です。

LINE-XやARB他、カスタム済みの新車コンプリート販売も是非お任せ下さい!

⇒ハイラックスの在庫一覧・入庫予定一覧はこちら!

 

 

※ 新車特別低金利 1.9%実施中!
金利の簡易比較・詳細はこちらへどうぞ!

 

 

 

 

 

参考

 

 

 

関連ページ

 

 

NEWS   2020年08月20日



ランドクルーザープラド、一部改良と共に特別仕様車『Black Edition ブラックエディション』を発表

150系ランドクルーザープラドが2020年8月3日、一部改良と共に特別仕様車が発表となりました。
変更点や詳細についてご紹介致します。

 

 

 

ランドクルーザープラド 一部改良の詳細

 

ランドクルーザープラド150系 一部改良後カタログ 2020年8月3日発表

 

まずは一部改良についてのご紹介です。
今回の改良は、安全装備・快適装備の充実が中心で、標準装備の外装・内装の見た目については概ね変更ありません。
※同時に発表された特別仕様車については外装・内装に加飾があります。

 

 

 

① 安全装備の機能向上

 

万が一の際に安心の安全装備がさらに充実した内容になりました。
下記の項目が全グレードにおいて標準装備となります。

 

(1) プリクラッシュセーフティの検知範囲に「夜間の歩行者」と「昼間の自転車」が追加

2017年9月のマイナーチェンジで全グレードにおいて標準装備となった「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティーセンス)」。その中でも重要な機能である「プリクラッシュセーフティ」の機能が向上。検知できる対象が「昼間の歩行者」に加え、「夜間の歩行者」と「昼間の自転車」が追加されました。

 

 

(2) レーンディパーチャーアラートにヨーアシスト機能を追加

道路の白線や黄線、アスファルトと土・草との境界を認識して、ウィンカーを出さずに逸脱しそうになると、ブザーとディスプレーで警告してくれる機能「レーンディパーチャーアラート」。こちらも2019年9月のマイナーチェンジの際に全グレードにおいて標準装備となっていましたが、このレーンディパーチャーアラートに「ヨーアシスト機能」が追加されました。

 

ヨーアシストとは、警告音でお知らせしてもさらに逸脱しそうな場合、逸脱する方向と反対側の車輪にブレーキをかけることで「ヨー(車を回転させる力)」を発生させて逸脱の回避をサポートしてくれる機能です。

 

 

(3) ロードサインアシスト(RSA)機能を追加

道路標識をカメラで認識してディスプレーに表示する機能「ロードサインアシスト」が追加されました。認識できる道路標識は現在下記の通りです。

 

  • ・速度標識
  • ・車両進入禁止
  • ・一時停止
  • ・追い越しの為のはみ出し通行禁止

 

 

(4) 先行車発信告知機能の追加

信号待ちでよそ見をしていると気が付いたら前の車が既に発進していた、という経験のある方もいらっしゃると思いますが、そんな時にいち早くブザーとディスプレー表示でお知らせしてくれる機能です。

 

 

※レーダークルーズコントロールなど、今までの機能はもちろん標準装備

2017年9月のマイナーチェンジで全グレードに標準搭載されたレーダークルーズコントロールなどもそのまま標準装備となります。その他詳細は、2017年9月のマイナーチェンジ情報もあわせてご確認ください。

※レーダーの精度が上がっているので、レーダークルーズコントロールの性能も上がっていると思われます。(今の所憶測です..)

 

 

 

 

② ディーゼルエンジンのターボチャージャーをサイズアップ

 

ディーゼルエンジンに搭載されていたターボチャージャーがサイズアップされ、最高出力が177psから204psにアップ。
ガソリンエンジンのパワーも向上して欲しい、という声も聞こえてきそうですね。。

 

 

 

 

③ リヤクロストラフィックアラートを追加、BSMとセットオプション(税込み66,000円)

 

リヤクロストラフィックアラートとは、駐車場などでバックする際に、左右後方から近づいてくる車両を検知してドアミラーの鏡の中に装備されたインジケーターが点滅、ブザーと共に警告してくる装備です。2017年9月に新設されたメーカーオプションのBSMに加えてセットオプションとなります。

 

  • ※TZ-G、TX-Lパッケージのみ選択可能なメーカーオプションです。
  • ※マルチテレインモニター(メーカーオプションのナビとセット)も選択する必要があります。

 

 

※BSM(ブラインドスポットモニター)とは

2017年9月に新設されたメーカーオプションで、車両の死角(斜め後ろ)に走っている車両やバイク等を検知、ドアミラーが点滅してお知らせしてくれます。特に高速道路の合流や車線変更の際に便利な装備です。

 

 

 

 

④ TZ-G にパドルシフトを採用

 

ハンドルから手を離すことなくシフトチェンジが行えるパドルシフトをTZ-Gに装備。

 

 

 

 

⑤ メーカーオプションナビのデザイン・機能の変更

 

メーカーオプションナビが9インチ画面の現代的なデザインとなります。

価格はTZ-Gの場合 512,000円、その他462,000円(共に税込み)

 

  • ※マルチテレインモニターもセットで装備され、フェンダー等の補助ミラーが非装着となります。
  • ※T-Connectやアップルカープレイ、DCM、ETC2.0、14スピーカー他セット
  • ※CD・DVDは非対応です。

 

 

 

 

 

特別仕様車『Black Edition ブラックエディション』の詳細

 

ランドクルーザープラド150系 特別仕様車 TX-L Black Edition(ブラックエディション)

ランドクルーザープラド150系 特別仕様車 TX-L Black Edition(ブラックエディション)

 

 

今回の一部改良と同時に発表された特別仕様車『TX-L Black Edition(ブラックエディション)』。
その特別仕様について、ご紹介致します。

※画像は global.toyota より引用しています。

 

 

 

【外装】特別・専用装備

ランクルプラド150系 特別仕様車 TX-L Black Edition(ブラックエディション)-ブラック塗装・漆黒メッキ加修

 

  • ・ラジエーターグリル:ブラック塗装
  • ・グリルインナー:漆黒メッキ
  • ・ヘッドランプガーニッシュ:漆黒メッキ
  • ・専用フグランプベゼル:ピアノブラック塗装

 

 

ランクルプラド150系 特別仕様車 TX-L Black Edition(ブラックエディション) 専用アウタードアミラー

 

ドアミラー:ブラック塗装

 

 

ランクルプラド150系 特別仕様車 TX-L Black Edition(ブラックエディション) 専用バックドアガーニッシュ

 

バックドアガーニッシュ:漆黒メッキ

 

 

ランクルプラド150系 特別仕様車 TX-L Black Edition(ブラックエディション) 専用ルーフレール

 

専用ルーフレール(ピアノブラック塗装)

 

 

ランクルプラド150系 特別仕様車 TX-L Black Edition(ブラックエディション) 専用アルミホイール

 

18インチアルミホイール:ブラック塗装

 

 

 

 

【内装】特別・専用装備

 

専用センターコンソールエアコンパネル

 

センターコンソールエンドパネル:ブラック塗装

 

 

ランクルプラド150系 特別仕様車 TX-L Black Edition(ブラックエディション) 専用シルバーオーナメント

 

オーナメントパネル:シルバー塗装

 

 

 

ランクルプラド150系 特別仕様車 TX-L Black Edition(ブラックエディション)は、各所メッキパーツをブラックに統一した、四駆らしさを際立たせたイメージ。最近のトヨタ4x4の特別仕様車でも人気なスタイルを踏襲したイメージですね。早く実車が見てみたいですネ!

 

 

 

 

 

参考

 

 

 

関連ページ

 

 

 

ランクル   2020年08月03日






専門車種一覧

新車特選車 FD-OUTLET MALL(アウトレットモール)
カスタム情報ブログ
店舗 ブログ

カスタムカーギャラリー

買取・下取り直販中古車コーナー
中古車買取アップル 高価査定のポイント
フレックス・ドリーム ソーシャルメディアアカウント一覧