新着情報

新着情報

2017年10月

稲妻フェスティバル2017@東京お台場、ランクル・タンドラ・ハイラックスを出展致します!

稲妻フェスティバル2017東京お台場

2017年今年の稲妻フェスティバル@東京開催地はお台場

 

2012年は東京お台場、2013年は昭島、昨年2014年は調布の味の素スタジアム。

そして2015年からは以前のお台場へ戻りましたが、今年もお台場で開催!

最高の立地ですので是非お買い物・観光ついでにお立ち寄りくださいね♪♪

 

 

稲妻フェスティバルとは
  • ・ビンテージファッション・アメカジで有名な雑誌:ライトニング(Lightning)
  • ・ハーレーバイク専門誌:CLUB HARLEY(クラブハーレー)

が主催のイベントです。

※エイ出版社※

 

flexdream では車両を出展致しますが、もちろんクルマだけのイベントではありません!!

ハーレーなどのアメリカンなバイクはもちろんのこと、
ビンテージモノのジャケットやジーンズ アメリカンな小物やアクセサリー、
ちょっとした乗り物やおもちゃ、ラジオフライヤー などなど・・・

様々なジャンルのショップさんが出展します。

 

フードコートもタップリ充実!!
様々な出店も並びますので食べ物・飲み物なども困りません♪♪
クルマ好きな方はもちろん、ファッション・小物好きな方、アメカジ好きな方もタップリ楽しめるイベントです。

 

 

 

開催日・詳細

名称    稲妻フェスティバル2017
開催日時  2017年11月26日 (日) 9:30~16:30  ※雨天決行、例年より時間が長くなりました。
場所    東京お台場青海駐車場 (詳細地図は下記ご参照ください)
主催    稲妻フェスティバル2017 実行委員会 ((株)エイ出版社)
入場料   当日1000円(税込)/前売り500円(税込)  
      ※小学生以下は保護者同伴の場合無料※

 

 

≪前売りチケットの販売について≫

こちらよりお求めいただけます!

 

※どちらも前日まで購入可能、価格は同じです。

 

 

 

“いつもの” お台場ダイバーシティー東京プラザと船の科学館の間です!

お台場でイベントと言えばこの駐車場!というイメージの方もいらっしゃるかもしれませんが、
いつものダイバーシティー東京プラザ横の臨時駐車場です。
(逆隣りは船の科学館)

 

ダイバーシティーお台場とは目と鼻の先の立地です♪♪
ちょっと足を伸ばせばその他のショッピングモールもタップリ!

 

最高の立地条件ですのでお買い物ついでに、観光ついでに...
是非ご来場お待ちしております♪♪♪

 

 

 

詳細場所はこちら

 

【住所】

東京都江東区青海1丁目1 青海臨時駐車場 ※昨年:2016年と同じ場所です

(船の科学館の向かいの青空駐車場。お台場ダイバーシティー東京プラザの隣です)

 

 

【アクセス方法】

 

お車の方

  • ・首都高湾岸線(B) 臨海副都心出口より
  • ・レインボーブリッジ(11) 台場出口より

 

電車の方

都心臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)の 船の科学館駅 降りてスグです。

乗り換え方法はこちら(Yahoo! 路線図)

 (↑出発駅を入力すればOKです。)

 

 

【地図】

 

大きな地図で見る場合はこちら

 

 

 

 

 

2017年、flexdream展示予定はこちら!

 

【車両展示】ランクル・プラド・タンドラ・ハイラックス、5台出展予定!

 

①アウトドアでも人気なランクル丸目シリーズ

アメリカでも未だ根強い人気を誇るクラシックなスタイルは稲妻フェスティバルにも出展!

  • ・ランクル60丸目換装
  • ・ランクル80丸目換装『60フェイス』
  • ・ランクルプラド丸目換装

 

 

②日本復活で話題のハイラックスを早速展示!<LINE-X Auto Japanコラボ出展>

何年も前から復活の声がとても多かったハイラックスピックアップトラック。

先日遂に再版、復活を遂げて話題急騰中のハイラックスを早速展示致します。

 

荷台には最強防護用塗装【LINE-X(ラインエックス)】塗装式ベッドライナーを施工。

是非実際の質感や強度をお試しください!!

 

 

③最新NEWモデル【タンドラ2018年モデル】を早速展示!<LINE-X Auto Japanコラボ出展>

レーダークルーズコントロールなど、安全装備が充実となった2018年モデル。

早速カスタム、展示致します。

まだまだ日本には数台しか来ていないので、この機会に是非ご覧ください♪

 

 

 

【物販】ペンドルトングッズの ❝稲妻特価❞ 販売!

 

ここ数年では大変大反響をいただいているペンドルトングッズの販売コーナー。

今年は例年以上の商品点数で、例年以上のお得な商品満載!?で準備いたします。

 

ペンドルトン製品のインポート物や、日本規格ライセンス商品、FD-campオリジナルのペンドルトンコラボ商品などなど、
多数ご用意してお待ちしております!!

 

 

 

 

 

昨年2016年の稲妻フェスティバル@東京お台場の様子はこちら

 

全体の雰囲気はこちら

 

稲妻フェスティバル2016(昨年)の様子

さらに詳しい昨年の様子はこちら!

 

 

 

 

フレックス・ドリームブースの様子

稲妻フェスティバル2016東京お台場 フレックスドリームブース

稲妻フェスティバル2016(昨年)のフレックス・ドリームブース。

クルマの展示はもちろん、ペンドルトングッズの稲妻特価で販売も行いました!

今年はさらに商品点数も増やして販売予定です!是非ご期待ください!!

 

 

車両展示はこちら

 

ランクル60丸目 アメリカンクラシックカスタム 稲妻フェスティバル2016

ランクル60丸目 ベンチシート×ペンドルトン 稲妻フェスティバル2016

ランクル80 60フェイス 丸目換装 アメリカンクラシックカスタム 稲妻フェスティバル2016

ランクル60 北米モデル左ハンドル

 

ランクル60丸目 ベンチシート×ペンドルトン

 

ランクル80丸目:60フェイスカスタム

 

ランクルプラド95系 丸目 クラシック・LINE-Xカスタム 稲妻フェスティバル2016

ランクル100丸目 クラシック・LINE-Xカスタム 稲妻フェスティバル2016

USトヨタ タンドラ クルーマックス リフトアップ×LINE-Xカスタム 稲妻フェスティバル2016

ランクルプラド95系 丸目 クラシック×LINE-Xカスタム

 

ランクル100丸目 クラシック・LINE-Xカスタム

 

USトヨタ ランドら リフトアップ×LINE-Xカスタム

 

 

昨年のテーマは『クルマを使って楽しもう!』
今年も引き続き、クルマを使ってたっぷり楽しめる、そんなライフスタイルも含めてご紹介致します!!

ご期待くださいね!!!

 

 

 

 

関連ページ

 

 

 

 

参考

 

 

FD-camp   2017年10月31日



『ふもとっぱらで外遊び2017 Vol.12』ランクル・ハイエース・FJクルーザーを出展します!

ふもとっぱらで外遊び2017 Vol.12

アウトドアメーカーさん各社も参加されるキャンプイベント『ふもとっぱらでそとあそび』。

今年はflexdreamもランクル&ハイエースを展示致します♪♪

 

 

 

 

『ふもとっぱらで そとあそび』とは

 

"ふもとっぱら" で開催されるイベントのパイオニア

2006年に第1回が開催されたこちらのイベント。

当初は小川キャンパル(現:キャンパルジャパン)とアパレルブランドAIGLEの2社合同で始まりました。

今では アウトドア系のイベント会場としても使われていますが、その先駆けとして始めたイベントです。

今年は20社を超えるブランドが集結します♪

 

 

 

2017年は “Vol.12”

今回で12回目を迎える『ふもとっぱらでそとあそび』。

キャンプ好きな根強いファンに支えられているイベントです♪

 

 

 

メーカー各社による展示・販売!

テントメーカーのOgawaはもちろん、NANGAなどflexdreamでもお馴染みのアウトドアメーカーによる商品展示やアウトレット販売など。

イベントならではのお得な商品も見つかるかもしれないですね!!

※flexdreamでもアウトドアにピッタリなランクル&ハイエースを展示致します♪

 

 

 

ワークショップやスタンプラリー、オークションなどのイベントも!

日中もメーカー各社による様々なイベントも企画されています♪♪

お子様から大人まで、タップリ楽しんでいただける内容です!!

※flexdreamでもドッチビーによるディスゲッターゲームを実施!
 抜いた枚数により、様々なグッズが手に入るチャンス!!

 

 

 

ケータリングやビールもあります♪

キャンプで自炊も良いですが、お洒落なケータリングで食べられるのもイベントならでは!

のんびりキャンプもたまには良いのではないでしょうか??

※クルマを運転される方はお酒は飲めません!

 

 

 

日帰り参加もOKです!!

テント泊・オートキャンプでの参加はもちろん、日帰り参加もOKです!

お近くの方は是非お気軽にご来場ください♪♪

 

 

 

料金について

イベント参加料金はかかりません。

ふもとっぱらキャンプ場の施設を利用される場合は所定の料金がかかります。

宿泊・デイキャンプを利用される方はキャンプ場へ直接お申し込みください。

 

 

 

ふもとっぱらキャンプ場 詳細

〒418-0109
静岡県富士宮市麓156

TEL: 0544-52-2112 (09:00~17:00)

FAX: 0544-52-2113

 

 

 

 ⇒Googleマップで大きく見る場合はこちら

 

 

 

 

 

flexdreamはランクル&ハイエースを出展!

 

クルマを使って楽しもう!FD-camp

大好きな格好良いクルマでお出かけしたら、
旅の思い出はもちろん、目的地までの道のりも、途中の休憩も・・・
より一層、楽しい思い出になると思います。

 

せっかく時間を使ってお出かけするなら、
楽しくて、格好良いクルマに乗りましょう♪♪

 

flexdreamではクルマの販売やカスタム・メンテナンスはもちろん、
楽しくクルマでお出かけしていただく為のカーライフを全力でサポートいたします♪♪

 

 

アウトドアに良く似合う、ランクル・FJクルーザー・ハイエースを展示!

 

ランクル
  • ・ランクル60左ハンドル(北米逆輸入)角目×ペンドルトンコラボパッケージ
  • ・ランクルプラド95系丸目×ペンドルトンコラボパッケージ

 

 

FJクルーザー

・FJクルーザー アウトドアカスタム×ペンドルトンコラボパッケー

 

 

ハイエース
  • ・ハイエース200系 『車中泊できる街乗り仕様車』2段ベッド・100Vインバーター装備の FD-BOX6

 

 

実際の車両は当日のお楽しみに♪♪

ブースでお待ちしております♪♪

 

 

 

ドッチビーでディスゲッター!ペンドルトンなど豪華グッズもご用意!

flexdreamブースではドッチビーを使ったディスゲッターを実施いたします。

※フリスビーの柔らかいバージョン『ドッチビー』を使ってストラックアウトの要領で的を射抜いていただきます。

 

挑戦するコースと抜いた枚数によって、お菓子やFD-campペンドルトンコラボアイテムが当たるかも!!

 

 

 

 

関連ページ

 

 

参考

 

 

FD-camp   2017年10月30日



新型ハイエース300系のプロトモデル!?東京モーターショーにてトヨタ車体、世界初公開!

2018年から2019年頃にかけてハイエース300系へとフルモデルチェンジされる予定のハイエース。
東京モーターショーでプロトモデルでは!?とささやかれているコンセプトカーを紹介いたします。
(10月25日から11月5日まで東京ビックサイト(東京都江東区)で開催中)

 

※フルモデルチェンジについて詳しくは本記事最後の関連ページリンクよりどうぞ

 

 

 

セミボンネットとなるハイエース300系のプロトモデル!?

新型ハイエース300系プロトモデル 東京モーターショー(トヨタ車体)

次期新型ハイエース300系のプロトモデルでは!?

とささやかれているトヨタ車体が世界初公開したコンセプトカー『LCV D-CARGO CONCEPT』

 

300系へのフルモデルチェンジの際にはキャブオーバーからセミボンネットへ変更される予定。
この為、今回公開されたD-CARGO CONCEPTはハイエース300系のプロトモデルとも呼べるのでは!?と言われています。

 

 

 

 

セミボンネット形状、後部の形、そしてコンセプトはまさに『未来のハイエース』

新型ハイエース300系プロトモデル公開

トヨタ車体が世界初公開した小型デリバリーバン。
コンセプトやリアの形を見ると、まさに次期ハイエース!

 

 

 

小口配送の拡大を見据え、増加する女性ドライバーにも優しい小型デリバリーバン

 

●左側はセンターピラーレスの前後スライドドアを採用

助手席ドアは前方向にスライド、リアドアは後ろ方向にスライドする仕様。
センターピラーも無い為、大変大きい間口が広がる仕様となっています。

また、助手席からも運転席へ入りやすい仕様となっており、配達時の乗り降りがしやすく設計されています。

 

●乗車定員1名、助手席スペースも積載スペースとして活用

長尺物も積載できる広さと使いやすさを両立したカーゴスペースを実現。

 

●ステアリング中央部には脱着式のタブレット端末を装備

 

●リアハッチは上下2分割式バックドアを採用

 

 

 

サイズ情報
  • 全長 4,700mm
  • 全幅 1,735mm
  • 全高 1,885mm
  • 室内長(助手席側) 3,500mm
  • 室内幅 1,550mm
  • 室内高 1,345mm

 

 

 

 

ワゴンモデルは内装のみ公開

新型ハイエース300系ワゴンプロトモデル

こちらは次期ハイエース300系ワゴンモデルのプロトタイプ?

内装のみ世界初公開となったワゴンタイプ『LCV BUSINESS LOUNGE CONCEPT』

 

 

 

サイズ情報
  • 全長 4,700mm
  • 全幅 1,735mm
  • 全高 2,120mm
  • 室内長(助手席側) 3,500mm
  • 室内幅 1,550mm
  • 室内高 1,580mm

 

 

 

 

次期ハイエース300系として発売の可能性は?

 

今回トヨタ車体が公開したモデルは、コンセプトやサイズなどを見る感じまさに未来のハイエースですね!

ただガラスの曲面具合などの "未来系" の形状を見る限り、『300系としてこのまま発売』という事は無さそうですね!?

ハイエースの未来形として、夢の広がるコンセプトカーでした♪♪

 

 

 

 

 

 

【IPFブース】
ハイエースにピッタリなLED商品も出展されていました!

IPFブース_東京モーターショー2017

東京モーターショー2017 IPFブース

 

 

IPF製LEDバルブ新製品

新製品のLEDバルブなどが展示されていました。

 

 

 

 

ホワイト/イエロー 2色切り替え式LEDフォグバルブ!

ハイエースに最適な白・黄色2色切り替えLEDフォグバルブ

ハイエースをカスタムする上で、フォグバルブの色も気にされる方も多いのではないでしょうか。

 

普段はドレスアップにホワイトがいい!けど霧や雪の時には本当は黄色の方が見やすい。。。

そんな方に朗報です!!

普段街中ではホワイト、山に行ったときはイエローに切り替えられるLEDフォグランプが発売されます!

今回、新製品として展示されていました!!

※走行中のカラー切り替えはNGです。

 

ハイエース用もラインナップされるそうです!気になる方は flexdreamハイエース専門店舗までお問い合わせください!

⇒店舗一覧はこちら

 

 

 

 

LEDランプも展示されていました!

ハイエース200系5型に最適なフォグランプ

自動車メーカー等にも卸しているIPFさんでは、市販していない商品はこうして『参考出品』として出展しているのかと思われます。

ハイエース5型用のアフターマーケット用パーツとしてLEDフォグランプも作って欲しいですよね!

 

 

交換タイプLEDフォグランプ

こちらは丸型のLED交換タイプのLEDランプです。

 

 

11月5日まで東京ビッグサイトで開催していますので気になる方は是非言ってみてくださいね!!

 

 

 

 

関連ページ

 

 

 

 

参考

東京モーターショー公式サイト

 

 

ハイエース   2017年10月29日



FJクルーザー 日本での生産終了(販売終了)へカウントダウン開始!

間もなく生産終了となるFJクルーザーでアウトドア・オートキャンプ

アウトドアやオートキャンプシーンでも人気のFJクルーザー。
日本を除く、全ての国で既に販売終了となっており、日本でも間もなく生産終了と言われていましたが、遂にこの日が来てしまいました。。。

 

 

 

 

メーカー生産終了までカウントダウン開始!
FJクルーザー、日本での販売終了まであとわずか!

 

トヨタメーカーが残りの生産台数を各ディーラーに割り振る『カウントダウン』が遂に開始となりました。

つまり、この最後の割り振りが終了すると販売終了、その生産が完了すれば生産終了となります。

残りの割り振り台数は、各ディーラーにより異なりますが、もう長くはないことは事実です。

年内!?とのウワサもありましたが、年内持たないかもしれないですね!?

 

 

 

 

 

今ならまだ、新車カスタムコンプリート販売可能です!

※2017年10月28日現在

 

flexdreamでは外装はもちろん内装も様々なカスタムを施してコンプリート販売致します。

今ならまだ、新車のカスタムコンプリート販売が可能です!!

※もちろん、中古車のカスタムコンプリート販売も可能です。

 

 

 

リフトアップやアルミホイール、ルーフラック、外装カスタムもお任せください!

flexdreamでは新車をカスタムの上、構造変更してご納車する事も可能です。

※構造変更後、車検を3年(新車は3年です)取得致します。

リフトアップやタイヤ・アルミホイール他、様々なカスタムをお受けいたしますのでお気軽にご相談ください♪

 

 

FJクルーザーリフトアップカスタム・TRDアルミホイール

FJクルーザーリフトアップカスタム。

  • ・アルミホイール:TRDビードロック調
  • ・タイヤ:BFグッドリッチAT
  • ・ルーフラック
  • (他カスタム有り)

 

 

FJクルーザーリフトアップカスタム・MKWアルミホイール(ルーフラック付き)

FJクルーザーリフトアップカスタム・MKWアルミホイール(ルーフラック付き)

 

  • ・アルミホイール:MKW製 MK46
  • ・タイヤ:FUEL(フューエル)AT
  • ・ルーフラック
  • (他カスタム有り)

 

 

 

最強塗装、LINE-X(ラインエックス)コラボカスタムも可能!

FJクルーザーLINE-X(ラインエックス)塗装カスタム

FJクルーザーLINE-X(ラインエックス)塗装カスタム

 

アメリカ軍や政府、自動車メーカー認めた特殊な塗料として知られるLINE-Xを使ったカスタム。
新車を施工してご納車する事も可能です♪♪

 

 

LINE-X(ラインエックス)塗装カスタム:グリルガード・フロントバンパー

LINE-X(ラインエックス)塗装カスタム:グリルガード・フロントバンパー

 

 

 

内装もペンドルトンコラボカスタム他、何でもご相談ください!

FJクルーザー内装カスタム:ペンドルトンコラボシートカバー(ハーディング)

FJクルーザー内装カスタム:ペンドルトンコラボシートカバー(ハーディング柄)

 

 

FJクルーザー内装カスタム:ペンドルトンコラボシートカバー(サンミゲル)

FJクルーザー内装カスタム:ペンドルトンコラボシートカバー(サンミゲル柄)

 

 

 

『新車がいい!』という方は悩んでいる暇はありません!

是非お早めにflexdreamランクル・FJクルーザー取扱店舗までご相談ください♪

⇒flexdream店舗一覧はこちら!

 

 

 

 

関連ページ

 

 

FJクルーザー   2017年10月28日



FJクルーザー後継車!?Tjクルーザー、東京モーターショーで登場!画像多数解説します!

トヨタ Tjクルーザー 東京モーターショー2017

FJクルーザーの後継モデル!?として巷でささやかれているトヨタのコンセプトカー『Tjクルーザー』
10月25日から11月5日まで東京ビックサイト(東京都江東区)で開催の東京モーターショーで世界初公開されました!

 

 

 

 

バンの積載性能とSUVの力強さを融合させた
新ジャンルのクロスオーバーコンセプトカー【Tjクルーザー】

 

外観は丸目ヘッドライト×丸型テールレンズでFJクルーザーを彷彿とさせる力強いデザイン。そしてリアドアはスライドドアを採用し、シートアレンジもフラットにレイアウト可能なまさにミニバンスタイル。

 

室内は助手席をフラットにすると約3mの荷物を積み込むことが可能で、ロングのサーフボードや自転車などが容易に積み込むことが可能。「遊び」から「仕事」まで様々なジャンルで楽しめるクルマを提案しています。

 

コンセプトカーと言うと、街中では走ることが出来ない様な非現実的なデザインの車が多い中、今回のTjクルーザーは現実味のあるデザイン。このまま市販化される!?と思えるような車でした!

 

 

 

 

『Tjクルーザー』車名の由来とは

 

トヨタが東京モーターショーで公開したTjクルーザー。

 

車名の『Tj CRUISER』の由来は

  • ・アクティブに使い倒せるTOOL-BOXの「T」
  • ・クルマと様々な場所でに出かける楽しさのjoyの「j」
  • ・ランドクルーザー・FJクルーザーなどののUVに伝統的に使われてきた「CRUISER」

から由来しています。

 

 

 

 

主要装備・スペック

 

  • 全長:4,300mm
  • 全幅:1,775mm
  • 全高:1,620mm
  • ホイールベース:2,750mm
  • 乗車定員:4人
  • エンジン:2Lクラス ハイブリッドエンジン
  • 駆動方式:前輪駆動ベースの四輪駆動
  • ※次世代のTNGAプラットフォームを想定

 

 

<室内空間>
  • ・助手席シートもフラット可能。2列目シートをフラットにすれば助手席側がフルフラットとなります。
    (ロングサーフボードや自転車など約3mの荷物も楽々積載可能)
  • ・座席シートの裏側やデッキボードに固定用器具がが装備、走行中も動かないようにバンドなどで固定可能。
  • ・バックドアの開口スペースを広くし、自転車等の大きな荷物を楽々積みおろし可能。
  • ・運転席側の後部座席は、座面を前に倒せる構造。買い物袋やちょっとした荷物を置けるスペースになります。
  • ・リアドアには大開口スライドドアを採用。小さなお子様の乗り降りや大きな荷物の出し入れに最適な構造となっています。

 

 

 

 

FJクルーザーの後継車として発売の可能性は!?

 

東京モーターショーで公開されたTjクルーザーはバンの積載性能とSUVの力強さを融合させた新ジャンルのクロスオーバーコンセプトカー。
"このまま" 発売されることは考えにくいですが、似たようなイメージで発売されることもあるかもしれません。

このあたりは今回の反響や、今後の市場の動向によって左右されることかもしれないですね!

 

上記で紹介したTjクルーザーのエンジンや駆動系のスペックを見ると、FJクルーザーの後継車というよりはミニバンをベースに製作されたFJクルーザーを意識したSUVテイストの進化系車両といったイメージが強いかもしれません。

 

もし発売されることになれば、お子様が小さいご家庭でも気軽に普段使いからアウトドアを楽しめるSUVテイストのクルマとして、使い勝手も良く人気が出そうな車種ですね♪♪

 

 

 

 

 

Tjクルーザー 画像はこちら!

東京モーターショー2017 トヨタ Tjクルーザー コンセプトカー

東京モーターショー2017でトヨタが世界初公開したコンセプトカーTjクルーザー。

 

 

FJクルーザー後継車両とささやかれるTjクルーザー

この顔つき、FJクルーザーの後継車と呼ばれるのもわかりますね!

 

 

丸目ヘッドライト Tjクルーザー

独特な丸目2灯のヘッドライト。インナーが丸目なのは斬新ですね♪

 

 

ミニバンとSUVの融合 Tjクルーザー

まさにミニバンとSUVの融合と言ったデザインです。

 

 

スライドドアのSUV Tjクルーザー

スライドドアのSUVがあったらいいな!と思ったことがある方も多いのではないでしょうか?
そんな想いをカタチにしてくれています♪♪

 

 

トヨタ Tjクルーザー(リア)

Tjクルーザー、リアビューはこちら

 

 

FJクルーザー後継車とささやかれるTjクルーザー

FJクルーザー後継車とささやかれるTjクルーザー、丸いテールレンズもかわいいですね♪

 

 

クルマを使ってアウトドア・オートキャンプを楽しもう Tjクルーザー

クルマを使ってアウトドア・オートキャンプを楽しもう!!と言ったイメージですね♪♪
flexdreamが提案するFD-campのコンセプトともピッタリ!!

 

 

 

ボンネット・ルーフ・フェンダー・バンパーには、
無造作に物を置いても傷が付きにくい "強化塗装" を採用!!!

ボンネット 傷が付きにくい特殊強化塗装 Tjクルーザー

ボンネットには 傷が付きにくい特殊強化塗装を採用しているTjクルーザー。

どこかで見覚えのある独特な質感と聞いたことのあるフレーズですね(笑)

 

 

フロントバンパー 傷が付きにくい特殊強化塗装 Tjクルーザー

フロントバンパーも 傷が付きづらい特殊強化塗装を採用。

 

 

屋根 傷が付きにくい特殊強化塗装 Tjクルーザー

ルーフ(屋根)

 

 

ドアノブ 傷が付きにくい特殊強化塗装 Tjクルーザー

ドアノブ

 

 

サイドシル 傷が付きにくい特殊強化塗装 Tjクルーザー

サイドシル部分

 

 

フェンダー 傷が付きにくい特殊強化塗装

フェンダー部分

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回発表されたコンセプトカーTjクルーザー。

こんなイメージのクルマが発売されるのかどうか、楽しみですね!!

実車をご覧になりたい方は是非会場まで足を運んでみてくださいね!!

 

 

 

関連ページ

 

 

 

 

参考

 

 

FJクルーザー   2017年10月26日



バサーオールスタークラシック2017 OSP代表:並木敏成プロがランクル100丸目カスタムで登場!

BasserAllStarClassic:バサーオールスタークラシック(バサクラ)2017

今年で第31回目を迎えたBasser All Star Classic:バサーオールスタークラシック(通称:バサクラ)。
言わずと知れた、日本で開催される大会の中でも最大級の大会です。

 

 

 

 

バサーオールスタークラシック2017、
flexdreamカスタムのランクル200&ランクル100が登場!

 

今回2台のflexdreamカスタムのランクルがバサクラの登場しました♪
1台はflexdreamブースに出展車両として、そしてもう一台はウエイインショーで登場です!
それでは紹介いたします♪

 

 

 

バスプロ 橋本卓哉さんをサポートするランクル200をバスボートと共に展示!

ランクル200でフルサイズバスボートを牽引(ブース)

flexdreamブースでは、ハシタクさんこと橋本卓哉さんをサポートするランクル200をバスボートを牽引した状態で展示致しました。
リフトアップしたボディーにオレンジラッピング×LINE-X塗装で、当日現地でもカナリ目立たせていただきました♪♪

 

 

ランクル200リフトアップ・IPF・MKW・LINE-Xカスタム

こちらのランクル200は単に派手なだけではありません(笑)
橋本卓哉さんがバスフィッシングをしていただける際のサポートカーとして、使い勝手もしっかりと考えて制作しています。

 

IPFライティング

ルーフに四方に取り付けられたLEDライトバーは、まだ明るくなる前に準備をする際の作業灯として大活躍!
まわりで作業されている他のバスプロの方にも好評だそうです♪

 

おまけに水辺で虫が多い中、LEDの為 虫も集まりにくいそうです。
その他ライト類はALL IPF製LEDに交換済み!

 

 

LINE-X塗装

アメリカ軍も正式に防護用塗料として採用する最強塗装LINE-X。
ちょっと釣り竿をひっかけたり...その位ではもちろん全く傷の心配無用です!

 

傷・凹み防止や衝撃緩和で知られるLINE-Xですが、錆防止にも大変有効!
普段から水際で活躍するクルマの防錆対策にも効果バッチリです!!

 

 

リフトアップ

バスボートを牽引した際のお尻下がりなどにも対応したセッティングしています。

ショックはICON製をチョイスしています。

 

 

内装はペンドルトン×暖色系LED!

バスボートを牽引して日本中を駆け回る橋本卓哉さん。

室内空間はよりリラックスできる環境づくりのために、シートはお洒落なリビングの様なペンドルトン柄をチョイス。

さらにLEDは暖色系(IPF製)を取り付け、よりリラックスできる空間を作っております。

 

 

※こちらの車両は東京オートサロン2017出展車両です。

さらに詳しいスペック・画像はオートサロン出展時の紹介記事をご覧ください!

 

 

 

 

flexdreamブースに遊びに来ていただきました!

バスプロ橋本卓哉(ハシタク)さん

※写真:橋本卓哉さん。ご来場のお客様のワンちゃんと一緒に記念撮影♪

 

橋本卓哉さんにもイベントでお忙しい中、お時間が出来るたびに駆けつけていただきました!

クルマをバックに橋本さんと記念撮影されている方も沢山いらっしゃいました!

 

ファンの方に釣り方などを質問されると、とっても真剣に対応されていました。

この辺りも人気の秘訣なのでしょうか♪♪

 

 

バスプロ内山幸也(ウッチー)さん

フロッグ(カエル型のルアー)の使い手として有名なウッチーこと内山幸也さんも遊びに来てくれました!

どこに居てもファンに声をかけられる人気のウッチーさんです。

 

 

 

 

O.S.Pブースにはflexdreamでカスタムさせていただいたハイエース!

ハイエース200系カスタム OSPブース

先日flexdreamでカスタムさせていただいたハイエース。

O.S.Pさんのブースで活躍していました!!

 

 ⇒このハイエースのカスタム内容はこちら

 

 

 

 

 

 

O.S.P代表 並木敏成プロにランクル100丸目をお乗り頂きました!

 

そしてもう一台、ランクル100の丸目×LINE-Xコラボカスタムには実際にバサクラの試合で出動!

"マシンガンキャスト" で有名なO.S.P代表並木敏成プロに使っていただきました♪♪

 

 

ランクル100リフトアップ・IPF・MKW・LINE-Xカスタムでランチング

ランチングシーンはとても迫力タップリ!

 

 

OSPバスボートを牽引

赤×黒が特徴の並木敏成プロのバスボート。

グリーンの車との相性もバッチリですね!!

 

 

ランクル100リフトアップカスタムでバスボートを牽引

ランクルでフルサイズバスボートを牽引している姿は近くで見ると圧巻ですよ!

 

 

 

 

そしてウエイインショーに登場!!

ウエイインショー入場前

バスの検量を行うウエイインショー!

各ブースが並ぶ通路を通って向かいます。

 

 

ランクル100カスタムでOSP並木敏成プロウエイインショー

大観衆が待つウエイインショー。

凄い熱気と迫力です!!

 

 

OSP並木敏成プロウエイインショー

ステージ前に到着してバスの検量が始まります!

 

 

OSP並木敏成プロとバス

O.S.P並木敏成プロが釣ったバスを取り出すシーンです。

 

 

 

 

その後のファンサービスではIPFライトバーが大活躍♪

バサクラ終了後のサイン会

試合後のファンサービスタイムではIPFのライトバーが大活躍!

※写真右側に見える光は発電機を用いた大型投光器、左側がIPFのライトバーの光です。IPFライトバー、大型投光器に負けてません!(笑)

 

 

OSP並木敏成プロ サイン会

特に多くのファンを持つ並木敏成プロのファンサービスは夜まで続きました。

ファンとの記念撮影の際にもライトバーは大活躍!

並木敏成プロにも気に入っていただけました♪

 

 

 

※こちらの車両も東京オートサロン2017出展車両です。

さらに詳しいスペック・画像はオートサロン出展時の紹介記事をご覧ください!

 

 

 

 

 

 

おまけ:バスプロにランクルは超人気!?

バスプロの帰りを待つランクル等のクルマたち

試合中、選手の帰りを待つランクルなどのクルマ達。

見てびっくり!?ランクル率の高さ、スゴイですよね(笑)

それだけバスボートを牽引するシーンではランクルが求められる、という事でしょうか。

 

 

バスプロの帰りを待つランクル等トレーラーを牽引

選手たちが帰ってくると、クルマでランチングに向かいます。

 

 

 

 

ランクルのランチングシーンは圧巻!!

 

バスボートランチング風景 ランクル200後期(モデリスタエアロ)

バスボートランチング風景 ランクル200後期パールホワイト

バスボートランチング風景 レクサスLX570

バスボートランチング風景 ランクル200中期パールホワイト(エアロ)

バスボートランチング風景 ランクル200中期ブラック(エアロ)

バスボートランチング風景 ランクル100パールホワイト

バスボートランチング風景 ランクル100 最終ブラック

バスボートランチング風景 ランクル200中期パールホワイト

※他のランクルもまだまだありましたが、一部抜粋してご紹介させていただきました。

 

 

 

 

アメ車のランチングも格好良かったです♪

 

バスボートランチング風景 サバーバン

バスボートランチング風景 フォード_F350ラプター

バスボートランチング風景 JEEP(ジープ)グランドチェロキー

バスボートランチング風景 リンカーンナビゲーター

 

 

バスフィッシングの日本最大級の大会、バサーオールスタークラシック2017。

見応えも沢山、迫力のある内容となっていました!

今年ご来場いただけなかった方も雰囲気だけでも楽しんで頂けたら幸いです。

是非また来年、会場でお会いしましょう♪♪

 

 

 

 

 

関連ページ

 

 

 

 

参考

 

 

FD-camp   2017年10月25日



アウトドアフェスティバル@国営昭和記念公園(東京立川) ランクル・FJクルーザーを展示致します!

アウトドアフェスティバル@国営昭和記念公園(東京都立川市)

 

国営昭和記念公園(東京都立川市)で開催されるアウトドアのイベント『アウトドアフェスティバル2017』。
flexdreamも参加させていただきます!

 

 

 

アウトドアフェスティバル詳細

 

「自然と向き合い、楽しむ」アウトドアイベント!

 

緑豊かな昭和記念公園「アウトドア」で、様々なプログラムに参加して楽しもう!

子供から大人まで楽しめる、アウトドア体験やスポーツプログラム、さらには防災に関する学習に関するプログラムなどなど、様々です。

参加された方にはアウトドアにも使えて美味しい「非常食」やアウトドアで便利なグッズのプレゼントもあるそうです!

是非ご来場お待ちしております!!

 

 

 

イベント概要

 

日 時

2017年
10/28(土) 10:30~16:00
10/29(日) 10:30~15:30 (無料入園日)
※悪天候のため、日曜日の開催は中止となりました。

場 所

国営昭和記念公園 みんなの原っぱ

主 催

国営昭和記念公園

参加方法

当日受付

定 員

なし

参加料

500円(入園料別途)
※一部体験プログラムで材料費など有料

※昭和記念公園 園内マップはこちら(pdfファイル)

 

 

 

 

地図はこちら

 

 

 ⇒Googleマップで大きく見る場合はこちら

 

 

 

 

flexdreamの展示・開催内容

 

①アウトドアに良く似合うランクル&FJクルーザーを展示!

 

『クルマを使って楽しもう』をテーマにアウトドアで楽しめるクルマを提案するflexdream。
アウトドアシーンにも良く似合う、ランクルとFJクルーザーを展示致します。

 

ランクル60丸目 クラシックカスタム

レトロでクラシックなスタイルにカスタムしたランクル60。

渋いライトグリーンが様々なイベントでもとても人気な一台、アウトドアにも良く似合う一台です。

⇒このお車の詳細はこちら

 

 

ランクル80丸目 60フェイスカスタム

ランクル60を彷彿とさせる丸目ヘッドライトに換装したランクル80。

アウトドアシーンはもちろん、目的地までのドライブも一層楽しくなること間違いなしです♪

⇒このお車の詳細はこちら

 

 

FJクルーザー ファイナルエディション仕様・MKWカスタム

最後の特別仕様車:ファイナルエディションと同じく、各所ブラック塗装を施したFJクルーザー。

アルミホイールはMKW:MK46の新色「ダイヤカット グラファイトクリア」、タイヤはFUEL(フューエル)AT。

 

 

内装は3台共FD-camp × Pendleton(ペンドルトン)コラボカスタム!!

外装はもちろん、内装も是非見て行って下さいね!!!

 

 

 

②ドッチビーを使ってディスゲッター!

 

ドッチビーでストラックアウトの要領で的を狙っていただきます。

参加費は

  • ・100円版(お子様にもピッタリなお菓子など)
  • ・500円版(景品はペンドルトングッズなど)

の2種類をご用意してお待ちしております!

 

 

 

 

 

その他のプログラム一覧はこちら

イベント一覧(1)アウトドアフェスティバル@国営昭和記念公園(東京都立川市) イベント一覧(2)アウトドアフェスティバル@国営昭和記念公園(東京都立川市) イベント一覧(3)アウトドアフェスティバル@国営昭和記念公園(東京都立川市)

 

 ⇒イベント一覧を拡大して見る場合はこちら(pdfファイル)

 

 

 

 

※天候に関する注意事項

(更新:10月28日)

 

悪天候の為、10月29日(日)はイベントが中止となりましたのでご了承ください。

さすが公園主催のイベントですね、中止の判断が早いです♪

 

 

 

 

 

関連ページ

 

 

 

 

参考

国営昭和記念公園公式サイトはこちら

 

 

FD-camp   2017年10月22日



ランクル丸目でアウトドア!GO OUT CAMP(ゴーアウトキャンプ)@ふもとっぱら に参加しました!

GO OUT CAMP(ゴーアウトキャンプ)ふもとっぱらオートキャンプ場(富士山と共に)

ふもとっぱらキャンプ場で行われたアウトドアのイベントとして知られるGO OUT CAMP(ゴーアウトキャンプ)。
今回もアウトドア好きなflexdreamキャンプ部が参加してきましたのでご紹介します!

 

 

 

 

 

『flexdream流』アウトドア・キャンプシーンを紹介!

ランクル丸目で参加 GOOUTキャンプ ふもとっぱら2017参加車両

GO OUTキャンプに参加したランクル丸目達です。
色とりどりのカラーリングで参加しました♪♪

 

 

 

 

今回メインの ❝アウトドア ギア❞ は『コダワリのランクル達』です♪

 

ランクル80丸目換装(60フェイス)カスタム オレンジ GOOUTキャンプ ふもとっぱら

最近ではお馴染みのランクル80丸目換装『60フェイス』クラシックカスタム。

アウトドアにもピッタリな、お洒落なルーフラックも装備して参加しました。

※ホイールはflexdreamオリジナルのメッキキャップ付き16インチメッキホイールです。

内装はペンドルトンコラボカスタムです。

 ⇒このお車の詳細はこちら

 

 

ランクル60前期純正丸目 北米トヨタ左ハンドル アカ GOOUTキャンプ ふもとっぱら

純正丸目のランクル60前期モデル。USトヨタの北米モデル左ハンドル(逆輸入車)です。

お隣のランクル80丸目とお揃いのルーフラックも装備。

 

 

ランクル60丸目換装 クラシックカスタム ライトグリーン GOOUTキャンプ ふもとっぱら

とっても渋いカラーのライトグリーンで当日も人気だったランクル60丸目換装クラシックカスタム。

お洒落なアウトドアにもピッタリなペンドルトンコラボシートカバーに荷室にはベッドキットも装備。

 ⇒このお車の詳細はこちら!

 

 

ランクル60丸目 リフトアップカスタム GOOUTキャンプ ふもとっぱら

レトロでクラシックな印象でありながら、ランクルらしい四駆らしさもたっぷりなランクル60丸目。

オフロードでも強~いタイヤとして知られるスワンパーを装備。

 ⇒このお車の詳細はこちら!

 

 

ランクル60 アメリカンカスタム オレンジ GOOUTキャンプ ふもとっぱら

数々のイベントやドラマ、映画などでも登場しているランクル60丸目 アメリカンクラシックカスタム。

輸出用ベンチシート×ペンドルトンコラボシートなど、内装も外装もカスタム多数な一台です。

 ⇒このお車の詳細はこちら!

 

 

 

 

その他、テント/アウトドアギアもご紹介!

 

● テント・タープはOGAWA(オガワ)のT/C(コットン配合)で統一!

OGAWAテント(オガワ)ツインピルツフォークT/C コットン配合

OGAWAテント(オガワ)ツインピルツフォークT/C コットン配合モデル。

(2017春NEWモデル)

ペンドルトンガーランドでお洒落に飾り付けを楽しみました♪

 

 

OGAWAテント(オガワ)ツインピルツフォークT/C ハーフインナー

別売りのハーフインナーを装着すれば、小さいお子さんの3人ご家族ならギリギリ寝れる位のサイズ感です。

(男性2人は色々な意味でキツイです...笑)

もう少し大人数で使用したい場合は、

  • ・左右にハーフインナーを一つずつ装着
  • ・フルインナー(ハーフの倍のサイズ)を使用
  • ・コットを使用して就寝

といった使い方がお勧めです。

 

センター部分をリビングスペース、サイド部分をベッドスペースとして使えるツインピルツフォーク。
お洒落で人気なテントです。

 

 

OGAWAテント(オガワ)ピルツT/C:コットン配合

OGAWAテント(オガワ)の中でもお洒落で人気なモノポールテント:ピルツT/C:コットン配合モデル。
(2017春NEWモデル)

 

 

OGAWAテント(オガワ)ピルツT/C コットン配合:薪ストーブ煙突

ピルツT/Cモデルには薪ストーブ用の煙突を出す穴が用意されています。

※薪ストーブ使用時の換気についてはユーザー様の責任でしっかり行って下さい。

 

 

OGAWAテント(オガワ)T/Cタープ(レクタ)コットン配合

2017秋NEWモデルのT/Cタープ(レクタ L)

ピルツT/Cとの相性もバッチリでお洒落アウトドアが楽しめます♪♪

※限定販売品

 

 

OGAWAテント(オガワ)ピルツT/C&タープ(レクタ) 接続仕様

OGAWAテント(オガワ)ピルツT/C&タープ(レクタ) 接続した状態です。

特に決まった接続方法がある訳でも無いので、使い勝手次第で様々なレイアウトが可能です。

 

 

 

● シュラフは FD-camp×NANGA(ナンガ) コラボ『オレンジ&ブラウン』

NANGA(ナンガ)シュラフ×ペンドルトン

こだわりのMade In Japan 永久保証の NANGA(ナンガ)シュラフ
FD-campコラボレーション専用カラーです。
コットの上にペンドルトンのブランケットを敷いて使用しました。

 

使い勝手の良い撥水タイプのUDD380シリーズです。
サイズはレギュラーとロングをラインナップしています。

 

 

FD-camp×NANGA(ナンガ)ロゴ

FD-camp×NANGA(ナンガ)のコラボロゴが入ります。

 

 

ランクル80ベッドキットとNANGAシュラフ

ランクル80ベッドキットで車中泊した場合のイメージです。

 

 

NANGA(ナンガ)シュラフ収納時

収納すればとってもコンパクトで邪魔になりません!

 

 

 

● 夜は心が落ち着く灯油ランタン Petromax(ペトロマックス)

Petromax(ペトロマックス)灯油式ランタン

ゆらゆらと揺れる優しい明りは心を和ませ、楽しい夜のひと時を過ごせます。

昼間もインテリアとしてお洒落なPetromax(ペトロマックス)、お勧めです♪

維持費も安い、灯油式のランタンです。

 

 

 

 

 

GO OUT CAMP 出展ブースをご紹介!

 

GO OUT CAMPでは、様々なメーカー・ショップが軒を連ね、アクティビティやショッピングも楽しむことができます。

有名著名人によるライブなども行われ、BARやフードコートも出展されるのでご家族はもちろん、女性グループも多く参加されています。

そんなGO OUT CAMP の出展ブースの雰囲気を少しだけ紹介します!

※画像をクリックすると拡大します(スマホの場合はピンチアウト)

 

GO OUT CAMP(ゴーアウトキャンプ)ふもとっぱらオートキャンプ場 会場マップ

GO OUT CAMP(ゴーアウトキャンプ)ふもとっぱらオートキャンプ場 インフォメーション

会場マップ

 

インフォメーション

 

 

ハイラックスレボ ラリーカスタム TRD

ハイラックスレボ ラリーカスタム(荷台)TRD

ハイエース200系バン TRD ラリーカスタム

ハイエース アウトドアカスタム TRD

YMAHA(ヤマハ)バイク

ダイハツ WAKE(ウェイク)

HONDA(ホンダ)バイク

カロッツェリア オーディオ

9_出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

10__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

11__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

12__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

13__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

14__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

15__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

16__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

17__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

18_出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

19_出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

20_出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

21__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

22__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

23__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

24__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

25__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

26__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

27__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

28__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

29__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

30__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

31__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

32__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

33__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

34__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

35__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

36__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

37__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

38__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

39__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

40__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

41__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

42__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

43__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

44__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

45__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

46__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

47__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

48__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

49__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

50__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

51__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

52__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

53__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

54_出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

55__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

56__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

57__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

58__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

59__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

60__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

61__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

62__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

63__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

64__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

65__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

66__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

67__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

68__出展ブース紹介_GOOUTキャンプ_ふもとっぱら2017

 

 

 

 

 

参加者の方のオートキャンプ風景をご紹介!

 

GO OUT CAMPはとても多くの方が参加するキャンプイベント。

他の参加者の方のキャンプサイトをお洒落の参考に見て回る方も多いですよね!

 

お洒落なクルマも多く、flexdreamのお客様もとても多く参加されていました!!
ご家族でいらしていたり、グループでいらしていたり、お一人でいらしていた方もいらっしゃいました。

 

全てのサイトを紹介するのは難しいですが、少し紹介いたします。

参加できなかった!という方も、雰囲気だけでも楽しんで頂けたら幸いです♪

※画像をクリックすると拡大します(スマホの場合はピンチアウト)

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

 

 

 

 

参考

 

 

FD-camp   2017年10月21日



伊勢谷友介さんのハイエース200系 ペンドルトンカスタムを協力させて頂きました!

ハイエース200系カスタム 伊勢谷友介さん愛車

ハイエースやキャラバンをトランポ仕様にカスタムする『トランポ専門店 OGUshow(オグショー)』さんのご依頼で、ハイエース200系×FD-campペンドルトンコラボカスタム車両制作にご協力させていただきました!

※写真右側:伊勢谷友介さんの愛車のハイエース、左側:flexdreamカスタムデモカー

 

 

 

俳優の伊勢谷友介さんが休日に趣味で楽しむためのクルマ

俳優や映画監督、そしてリバースプロジェクト代表と様々なシーンで活躍されている伊勢谷友介さん。
※リバースプロジェクトの公式HP:https://www.rebirth-project.jp

 

休日に趣味として楽しまれているバイクやスノーボードを楽しむためのクルマとして今回OGUshowさんがプロデュースしたハイエースは伊勢谷さんのこだわりとOGUshowさんの提案力のコラボレーションをとても感じる素晴らしい一台となっています♪♪

 

そんな素敵な一台に、ささやかながらご協力できたことを大変光栄に思っております!

今回撮影させていただきましたので早速ご紹介致します。

 

 

 

 

外観は丸目換装 × マットカーキ の ラッピング!

ハイエース200系丸目換装カスタム マットカーキフルラッピング 伊勢谷友介さん愛車

伊勢谷友介さんの愛車:丸目の200系ハイエース。

 

フォルクスワーゲンの旧車:ヴァナゴンをイメージされて制作されたというハイエース。
ミリタリーでオフロードテイストも感じるマットカーキのラッピング×ブラックのツートン仕上げでワイルドな印象となっています。

 

 

ハイエース200系 Tスタイル チューブバンパーガード 丸目換装

ボクシー製ZEROフェイスキットにT-Style チューブタイプのフロントバンパーガードを装着。
ヘッドライトにはIPF製のマルチリフレクター×LEDヘッドライトも装備しています。

 

 

ハイエース200系 JAOSオーバーフェンダー・ソリットレーシング ハイメタルⅩ 16インチアルミホイール・ナスカー ホワイトレタータイヤ

グロスブラックにペイントされたJAOS製ピアスボルト付きオーバーフェンダーにアルミホイールはソリットレーシング ハイメタルⅩ 16インチ、タイヤはホワイトレターが特徴のナスカーをセット。

 

 

伊勢谷友介さん ロゴマーク

伊勢谷友介さんが代表を務めるリバースプロジェクトのロゴマーク。

 

 

伊勢谷友介さん ロゴマーク その2(ボンネット)

ラッピングに浮き文字風に施工されたこちらのマークも伊勢谷友介さんのイメージロゴマーク。

浮き文字デザインも伊勢谷友介さんがされているそうです。

※ロゴマークはstupid crown(田村 宗正さん)デザインの「太陽のマーク」。

 

 

ハイエース200系カスタム ステラファイブLEDテールレンズ・ランプガード 伊勢谷友介さん愛車

リアビューはこちら。

ステラファイブLEDテールレンズは専用設計で開発されたコダワリ品だそうです!
さらにランプガードも装備。ミリタリー×オフロードテイストな仕上がりとなっています。

 

 

伊勢谷友介さん ロゴマーク その2(リア)

リアにもロゴマークがさり気なく入っていました!

カ・ナ・リこだわって、こだわって作られた事がわかる、そんな一台ですね!!

 

 

 

 

内装はトランポ仕様 × FD-campペンドルトンコラボカスタム!

ハイエース200系ペンドルトンコラボシートカバー 運転席・助手席シートカバー

まずは運転席&助手席のシートカバー。
薄めのグレーカラーのレザー調生地×ペンドルトン(ハーディング柄)の組み合わせです。

 

「内装はペンドルトンにしたい」という伊勢谷さんのご要望を受け、OGUshowさんよりご依頼いただきました!
数種類の生地から選んだハーディング柄を活かすために当初は黒の予定だったシートカバーを薄いグレーに変更するなど、内装は「ペンドルトンありき」で仕上げられたそうです。

flexdreamとしてもペンドルトンコラボカスタムのお乗り頂き、とても光栄です!

※ペンドルトンコラボ制作でOGUshowさんにご協力させていただきました。

 

 

ペンドルトンコラボ 2列目セカンドREVOシート

2列目シートもしっかりとお揃いでペンドルトン縫製です。

 

 

ペンドルトンロゴ

正規品の証:ペンドルトンロゴもしっかりと入っています。

 

 

FD-campロゴ入り

シートの背面にFD-campのロゴもしっかり入っております♪♪

 

 

ペンドルトンコラボシート フラット展開時

車中泊の際に便利な仕様!フルフラットベッド展開可能です。

伊勢谷友介さんがお出かけの際に実際に使われることをしっかりと想定して製作しているそうです。

ヒーターやテーブルなど、カナリ綿密に拘って作られていましたよ!!

 

 

ペンドルトンコラボシート フラット展開時(荷室側から)

セカンドシートとベッドキットが繋がって、広いフルフラットベッド空間を実現しています。

向かって右側ガラス部分は使い勝手を考えて、ヘルメット置き用の棚と収納式テーブルが備え付けられていました。

また天井にはLEDダウンライトやフリップダウンモニターも設置されていました♪

 

 

ハイエース200系 荷室 ベッドキット(オグショー)

バイクを積む方にも人気が高いOGUshowさんのベッドキット。マット収納時のイメージです。

※flexdreamにてOGUshowさんのベッドキットのお取り寄せも可能です。

 

 

 

 

ご納車の際の風景

俳優:伊勢谷友介さんと丸目のハイエース200系カスタム

俳優の伊勢谷友介さんと愛車の丸目ハイエース200系。

向かって右側はOGUshow代表の小栗社長、左側はOGUshow営業担当の松本さんです。

 

 

 

 

ペンドルトンコラボカスタム繋がりで・・・
flexdreamカスタムデモカーも一緒にコラボでご紹介!

ハイエース200系 リフトアップ カスタムデモカーと伊勢谷友介さんのハイエースとコラボ

左:伊勢谷友介さんの愛車ハイエース、右:flexdreamカスタムデモカー

 

 

 

 

外観はリフトアップ×LINE-X

ハイエース200系 リフトアップ カスタムデモカー IPF・MKW・JAOS

外観はリフトアップされたボディーに最強塗装として知られるLINE-X(ラインエックス)塗装でコーティング。

JAOSのオーバーフェンダーはお揃いでした(笑)

 

 

 

 

内装は車中泊仕様×ペンドルトンコラボカスタム!

ハイエース200系 カスタムデモカー ペンドルトンコラボシートカバー

ハイエース200系 カスタムデモカー ペンドルトンコラボシートカバー(柄はオーバーオール(ネイビー色)です)

内張りもお揃いで張り替えています。

 

 

ハイエース200系 カスタムデモカー ペンドルトンコラボ 2列目セカンドREVOシート

2列目セカンドREVOシートもお揃いのペンドルトン生地で制作しています。
(シートはT-REVO プレミアム立体シートを用いたFD-BOX2です。)

 

 

ハイエース200系 カスタムデモカー ペンドルトンコラボカスタム フラット時

車中泊の際の強い味方!フルフラットベッド空間もしっかりと実現!

 

※こちらの車両は着座時に主に考えたT-REVOプレミアム立体成型シートを用いたFD-BOX2です。
(10人乗り3ナンバー登録)
他にもフルフラット時のフラット感を主に考えたシートや、FD-BOX2以外のパッケージングもご用意しています。

 

その他のパッケージングなど、車中泊に最適なパッケージ一覧はこちら
車中泊できる街乗り仕様車『ライトキャンピングカーFD-BOX』シリーズ

 

 

このデモカーについてさらに詳しい詳細はこちら

 

 

 

 

 

関連ページ

 

 

参考

 

 

ハイエース   2017年10月14日



新型ハイラックス ピックアップトラック 実車画像多数、徹底解説!荷台保護にお勧めなLINE-Xベッドライナーでカスタムとは!?

13年振りとなる日本国内での復活が発表となって話題のピックアップトラック『ハイラックス』。
早速、実車画像付きでグレード別に徹底解説いたします!

 

 

ハイラックス ピックアップトラックのグレードを画像比較!

 

<外装の比較>

 

グレード:Z グレード:X

新型ハイラックス ピックアップトラック Z 日本国内発売モデル

新型ハイラックス ピックアップトラック X 日本国内発売モデル

新型ハイラックス ピックアップトラック Z

17インチアルミホイール

 

新型ハイラックス ピックアップトラック X

17インチスチールホイール

 

LEDヘッドライト・フォグランプ・メッキグリル(レーダー有)

ハロゲンヘッドライト・フォグランプ・素地グリル(レーダー無し)

LEDヘッドライト&フォグランプ

メッキグリル(トヨタマークはミリ波レーダー対応)

(フロントガラス上部に単眼カメラ)

メッキで加飾されたフロントバンパー

 

ヘッドライト・フォグランプはハロゲン球

ブラック素地グリル(ミリ波レーダー無し)

(単眼カメラも装備無し)

バンパーにはメッキ無し

 

メッキドアミラー・ドアノブ

ブラック素地ドアミラー・ドアノブ

メッキドアミラー・ドアノブ

 

ブラック素地ドアミラー・ドアノブ

 

新型ハイラックス ピックアップトラック Z 日本国内発売モデル リア

新型ハイラックス ピックアップトラック X 日本国内発売モデル リア

新型ハイラックス ピックアップトラック Z 日本国内発売モデル リア

リアはメッキのステップバンパーが装備

 

新型ハイラックス ピックアップトラック X 日本国内発売モデル リア

リアのステップバンパーはメッキではなくブラック素地

 

 

 

 

<内装の比較>

 

グレード:Z グレード:X

内装 新型ハイラックス ピックアップトラック Z

内装 新型ハイラックス ピックアップトラック X

新型ハイラックス ピックアップトラック Z 内装

 

新型ハイラックス ピックアップトラック X 内装

 

オプティトロンメーター・プッシュスタート

アナログメーター・プッシュスタート無し

オプティトロンメーター

プッシュスタート&スマートキー

 

アナログメーター

プッシュスタート無し(キーレスエントリー)

 

運転席

運転席

運転席側

上級ファブリックシート

 

運転席側

ファブリックシート

 

助手席側

助手席側

助手席側

 

 

助手席側

 

 

オートエアコンスイッチ・シルバー加飾シフトノブ

アナログダイヤル式マニュアルエアコン

オートエアコン

シフトノブ&トリムカバーはシルバー加飾

 

マニュアルエアコン

シフトノブ・トリムカバーはブラック素地

 

内張り(運転席)

内張り(運転席)

内張り(運転席)

全席ワンタッチ式オートパワーウィンドウ

ドアノブはメッキ

ドアノブ横にシルバー加飾のパネル装備

 

内張り(運転席)

運転席のみワンタッチ式のパワーウィンドウ

ドアノブはブラック素地

ドアノブ横のパネルはブラック素地

 

 

 

 

<グレードによって異なる主なポイントまとめ>

 

グレード:Z グレード:X

LEDヘッドライト&フォグランプ

ハロゲンヘッドライト&フォグランプ

各所メッキパーツ

  • ・フロントバンパー
  • ・フロントグリル
  • ・ドアミラー
  • ・ドアノブ
  • ・リアバンパー

各所素地パーツ

  • ・フロントバンパー
  • ・フロントグリル
  • ・ドアミラー
  • ・ドアノブ
  • ・リアバンパー

17インチアルミホイール

(タイヤサイズ:265/65R17)

17インチスチールホイール

(タイヤサイズ:265/65R17)

オプティトロンメーター

アナログメーター

スマートキー・プッシュスタート

キーレスエントリー・バタフライ式内溝キー

全席ワンタッチ式パワーウィンドウ

ワンタッチ式は運転席のみ

各所シルバー加飾

  • ・シフトノブ
  • ・センタークラスター
  • ・ドア内張り

各所ブラック素地

  • ・シフトノブ
  • ・センタークラスター
  • ・ドア内張り

内側のドアノブもメッキ

内側のドアノブもブラック素地

車速感応パワードアロック

パワードアロック

6:4セパレート 跳ね上げセカンドシート

(座面がそれぞれ上がります)

※ドリンクホルダー付き収納式ひじ掛け付き

一体型跳ね上げセカンドシート

(座面が上がります)

※ひじ掛けはありません

ダンパー付きグローブボックス

グローブボックスにダンパー無し

ミラー付きサンバイザー(助手席)

ミラー無しサンバイザー(助手席)

バックポケット:買い物フック付き

バックポケット:買い物フック無し

12Vアクセサリーソケット:2個

12Vアクセサリーソケット:1個

6スピーカー

4スピーカー

プリクラッシュセーフティーシステム

(単眼カメラ+ミリ波レーダー)

レーンディパーチャーアラート

アクティブトラクションコントロール

ダウンヒルコントロール

リアデフロック

価格:3,742,200円

価格:3,267,000円

  • ※価格は消費税込みの本体価格(メーカー希望小売価格)です。
  • ※登録にかかる費用等は別途かかります。
  • ※沖縄地区は価格が異なります。

 

 

 

<主な共通装備>

 

  • ●スペアタイヤ(スチールホイール)
  • ●サイドステップ
  • ●フロントウインドシールドグリーンガラス
  • ●グリーンガラス(フロントドア・リヤドア・バックドア)
  • ●マッドガード:泥除け(前後)
  • ●LEDハイマウントストップランプ(リアゲート)
  • ●リアフォグランプ
  • ●緊急ブレーキシグナル
  • ●2面鏡式フェンダーミラー
  • ●テールゲートハンドル(メッキ)
  • ●時間調整式間欠フロントワイパー(ミスト機能付)
  • ●ルームランプ・パーソナルランプ
  • ●オーバーヘッドコンソール
  • ●イルミネーテッドエントリーシステム
  • ●防眩インナーミラー(ルームミラー)
  • ●乗降用アシストグリップ(フロント2個・リア2個)
  • ●コートフック(2個)
  • ●運転席・助手席カップホルダー
  • ●フロントコンソールトレイ(カップホルダー付)
  • ●全席ドアボトルホルダー(内張りにドリンクホルダー)
  • ●クリーンエアフィルター
  • ●チルト&テレスコピックステアリング(ハンドル位置調整)
  • ●ステアリングスイッチ(販売店オプションオーディオ装着時)
  • ●盗難防止システム(イモビライザーシステム・ オートアラーム)
  • ●パートタイム4WDシステム
  • ●シーケンシャルATシフトマチック
  • ●DRAMS[駆動力統合制御システム]
  • ●ばね上制振制御
  • ●EBD(電子制動力配分制御)付ABS&ブレーキアシスト
  • ●VSC&TRC(横滑り防止装置)
  • ●ヒルスタートアシストコントロール(HAC)
  • ●ドライブスタートコントロール
  • ●ISOFIX対応チャイルドシート固定専用バー・ トップテザーアンカー(リヤ左右席)
  • ●全席ELR付3点式シートベルト (前席プリテンショナー&フォースリミッター機構付)
  • ●全席ヘッドレスト
  • ●リヤウインドゥデフォッガー(曇り止め)
  • ●寒冷地仕様
    (ウインドシールドデアイサー、ヒーター付ドア ミラー、フロントヒーター[PTC・ビスカスヒーター付]、 ヒーターリヤダクトなど)

 

 

 

 

燃費(ディーゼルターボのみです)

 

燃費は11.8 km/L(カタログ値)。

 

四駆のピックアップトラックの燃費としてはまずまず、と言った所ではないでしょうか。
実際街乗りしてみた際の燃費がどうか、気になる所ですね!

 

 

 

 

サイズはこちら

 

ボディーサイズ
  • 全長:5,335mm
  • 全幅:1,855mm
  • 全高:1,800mm

 

 

 

荷台サイズ
  • 長さ:1,520mm
  • 幅 :1,535mm
  • 高さ:480mm

 

 

 

 

 

尿素水:AdBlue🄬(アドブルー🄬)補充方法

 

ハイラックスはディーゼルターボ『クリーンディーゼル』です。
使用しているエンジンは、ランクルプラドと同様、尿素水AdBlue🄬(アドブルー🄬)を使う事で排気ガスをクリーンに浄化しています。

AdBlue🄬(アドブルー🄬)は走行距離に応じて消耗する為、定期的な補充が必要となります。

 

通常、補充はトヨタ系ディーラーまたはflexdream店舗で行う事をお勧めしておりますが、
緊急の場合など、補充方法は知って頂いた方が良いと思います!

※AdBlue🄬は店舗によりますが、自動車用品店やガソリンスタンド等でもお求めいただけます。

 

 

①安全な場所に停め、エンジンを止めてボンネットを開けます

エンジンルーム

 

 

 

②AdBlue🄬(アドブルー🄬)の青いキャップを探します

アドブルー補充場所

 

 

 

③キャップを開け、補充したら『カチッと』なるまでしっかり閉める

尿素水 AdBlue(アドブルー)-補充口キャップ

 

 

5000kmに一度位のタイミングで、エンジンオイルの交換と一緒に補充する事がお勧めです。

※切れるとエンジンの再始動が出来なくなります。
 さらに詳しくは本記事最後の関連リンクよりAdble🄬解説ページへどうぞ!

 

 

※AdBlue®(アドブルー®)はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です

 

 

 

 

 

ハイラックスの荷台保護なら塗装式ベッドライナーLINE-Xがお勧め

 

<はめ込み型ベッドライナーとの違いとは>

今までの昔ながらのベッドライナーは、現在ピックアップ大国のアメリカでは『ドロップインベッドライナー』と呼ばれています。
それは『スプレーオンベッドライナーLINE-X』が登場したからに他なりません。
それだけ本国アメリカではLINE-Xが認知され、受け入れられているという事の証でもあります。

 

ピックアップを愛して止まない、ピックアップに乗り慣れているアメリカでLINE-Xが選ばれる理由とは、いったいどこにあるのでしょうか。

 

 

①傷・凹み防止はもちろん、サビに対してとても強い!

ドロップインタイプと異なり、鉄板に直接 強力な接着力を持つLINE-Xを吹きかける為、サビに対してとても強いです。
ベッドライナーと荷台の隙間に傷が出来て、水が入って、気が付いた時には穴が開いている...と言う事態もLINE-Xなら大幅に軽減されます。

 

『アメリカ軍・政府に認められた防護用塗装』と呼ばれるLINE-Xは耐衝撃に注目が集まりますが、防錆効果にもとても効果的です。
あらゆる分野で広い可能性を持つ特殊塗装、LINE-Xです。

 

 

②塗装式なので施工範囲を変更可能
  • 「床面だけ施工したい」
  • 「荷台の内側だけ施工したい」
  • 「荷台上部まで巻き込んで施工したい」

などなど様々なご要望に応じて施工可能です。

さらに荷台と一緒にバンパーやグリルなど、カスタム塗装としても人気です。

 

 

③TRDロールバーなどのオプションも装着できる場合も多い

ドロップインタイプのベッドライナーの場合、荷台に被せる為、ロールバーなどのオプションが装着できない場合が多いです。

LINE-Xなら塗装面が1~2mm程度の為、ロールバーなどのオプション装着も可能な場合が多いです。

また、状況に応じて塗らない部分をマスキングして施工も可能な為、その他のカスタムへの影響も最小限に抑えられます。

 

 

④ブラックはもちろん、カラーバリエーションも豊富

例えば

  • ・白いボディーにオレンジのLINE-Xで荷台を施工
  • ・ワインレッドのボディーに赤いLINE-Xで荷台を施工

など、カスタムとして荷台を彩る事も可能です。

※ただし、ピックアップとして荷台をしっかり使用される場合はブラックがお勧めです。

 

 

⑤カスタムとしても幅広い支持を誇ります!

元々荷台保護用として開発されたLINE-Xですが、現在アメリカではカスタム塗装としても高い人気を誇ります。

カスタムとして使っているのはカスタムショップのようなお店だけでなく、タイヤメーカーやホイールメーカーのコンセプトカーなどにも実際に使われているほど。

それだけLINE-X塗装はアメリカで認知され、支持されている塗装です。

 

そんなLINE-Xで荷台を施工すれば、荷台保護にはもちろんカスタムとしての効果もありますよ!

※アメリカでのカスタム実例については記事最後の参考ページよりどうぞ!

 

 

 

 

埼玉トヨタさんの試乗車、荷台に塗装式ベッドライナーLINE-Xを施工!

ハイラックス 荷台保護 塗装式ベッドライナーLINE-X塗装カスタム

ハイラックス 荷台保護 塗装式ベッドライナーLINE-X塗装!

傷や凹み、錆から強力に守るのはもちろん、カスタムとしても格好良いLINE-X。

 

flexdreamが運営するLINE-X Auto Japanにて、埼玉トヨタ自動車さんの試乗車に施工させていただきました。

今後、各店舗を周るそうです♪

※この後さらにもう一台追加で2台のLINE-X施工済みの試乗車で各店舗を巡回いただきます。

 

 

ハイラックス_ピックアップトラック 荷台保護 塗装式ベッドライナーLINE-X塗装

ハイラックスはもちろん、ピックアップトラックの荷台保護には最強の塗装式ベッドライナーLINE-X!

 

 

LINE-X塗装面 ハイラックス 荷台

LINE-X塗装面の画像です。

 

 

 

<荷台上部まで施工:オーバーレール仕上げ>

LINE-X オーバーレール仕上げ

今回は荷台上部から少し下げた所まで巻いたイメージで施工しました。

外からもLINE-X塗装面が若干見える、バランスの良い人気のスタイルです。

 

 

マスキング切れ目 拡大画像

マスキング切れ目 拡大画像

 

 

 

 

<シルバー×ブラックの荷台>

ハイラックス 荷台保護 塗装式ベッドライナーLINE-X塗装カスタム(ボディーカラー:シルバー)

シルバーのボディーカラーと荷台をLINE-Xで施工した場合の画像です。

 

 

ハイラックス ピックアップトラック 荷台保護 塗装式ベッドライナーLINE-X塗装(ボディーカラー:シルバー)

ブラックのLINE-Xならどんなボディーカラーにもあいますね!

 

 

LINE-X塗装面_ハイラックス 荷台(ボディーカラー:シルバー)

荷台左側にはLINE-Xのロゴが入ります。

 

 

 

 

※下記追記 10月20日

群馬トヨタさんの試乗車も荷台にLINE-X施工させていただきました!

新型ハイラックスピックアップトラック 日本復活モデル:群馬トヨタ・埼玉トヨタ試乗車

新型ハイラックスピックアップトラック 日本復活モデル(群馬トヨタ・埼玉トヨタ試乗車)

ちょうど同じカラー、同じグレード(X)が2台並んだので記念に撮影させていただきました。

 

 

新型ハイラックスピックアップトラック 日本復活モデル:群馬トヨタ・埼玉トヨタ試乗車 リア

後ろからの2台並んだ画像です。

※施工画像はほぼ同じなので省略します。

 

 

 

 

 

flexdreamは新車ハイラックス先行オーダー済み!
LINE-Xベッドライナー施工&カスタムコンプリート販売します!

 

flexdreamでは発表前の先行オーダー開始直後に多数オーダー済みです!!

もちろんLINE-Xを荷台に施工してから店頭に並びます♪♪

さらに様々なカスタムコンプリートも制作いたします。

 

タイ生産の為、納期がかかり気味なハイラックス。

早く欲しい!という方は是非お早めにflexdreamランクル/USトヨタ専門各店舗までお問い合わせください!!

⇒店舗一覧はこちら

 

 

 

 

 

関連ページ

 

 

 

参考

 

 

NEWS   2017年10月08日






専門車種一覧

カスタムカーギャラリー

買取・下取り直販中古車コーナー
中古車買取アップル 高価査定のポイント
フレックス・ドリーム ソーシャルメディアアカウント一覧